「教える」ことで自分再発見 凡人こその努力が糧に仕事と遊びの境界線をなくす「公私混同力」のススメ(最終回)

2020/11/30
教えることで自分の価値を発見できる(写真はイメージ=PIXTA)
教えることで自分の価値を発見できる(写真はイメージ=PIXTA)

「キャリア迷路(モヤキャリ)」から抜け出すためのコミュニティーを主宰する池田千恵氏によると、先が見えない時代に効果的なキャリアの棚卸しは「人に教えること」だといいます。今回はその理由と、教えた経験がない人はどこから始めればよいかについて池田氏が解説します。

先が見えない時代こそ「どう生きたいか」を知る

2020年も残り1カ月ほどとなりました。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を機に、激動の日々を送られた方も多いのではないでしょうか。

外出自粛の流れから、リモートワークが広がり、ホワイトカラー業務の多くがそれでも十分機能することが分かりました。ワークスタイルが大きく変化し、次のような不安を感じている方もいるでしょう。

・3年後、今の会社がそもそも存在するか、自分が一体どんな仕事をしているか分からない

・急に会社がなくなったとき、個人としての自分の強みは何か?と言われても言葉に詰まってしまう

・今まで会社のために頑張ってきただけの自分に一体何ができるのだろうか?

・自分の強みは何なのだろうか? 専門性を磨いてこなかった私でもできることはあるのだろうか?

いままで業績順調だった会社があっという間に業績不振に陥るようなケースも出てきました。世の中の常識も数カ月で変わることを実感した今「自分はどう生きたいか」「どんな人生が幸せか」をしっかり考えようと思うのは当然のことです。

とはいえ、いきなり「自分はどう生きたいか」「どんな人生が幸せか」を考えよう、と思っても、思考が止まってしまいますよね。考えれば考えるほど、自分には何もない、でも自分にできることを探さなければ……と焦ってしまう気持ち、よく分かります。

焦りはあっても何をどうしたらよいか分からない人には、今までのスキルや経験の棚卸しをおすすめします。ここでは、会社員をしながら「教える」経験を積むことでスキルや経験の棚卸しをする方法について紹介します。

凡人だからこそ教えるのが向いている

実は、学ぶのに一番手っ取り早い方法は教えることです。

いつか役に立つかもしれないと思って漠然と学ぶ場合と、「この学びを誰かに伝えよう」と思って学ぶ場合では結果に雲泥の差がでます。教えようと思ってまとめることで、今までとは違う頭の使い方をすることができますし、「自分は何が教えられるのか」という視点で生活するようになるので、今まで無駄だと思って軽視していた仕事まで学びの対象となります。

経験もないのに、教える経験を積み、発信するなんてとんでもない! まずは知識を体系化してからじゃないと……と思う方も多いと思いますが、実は逆です。まず不安でも、未熟でもいいので、教えることにチャレンジしていきましょう。教えるうちに反省点がたくさんでてきますので、少しずつ解決しながら成長していきましょう。中途半端なままでも、不安なままでも、まずは教え始めることが大切です。

「でも、自分には本当に何もない。凡人の私に教えられるものなんてない」という方も心配ありません。凡人だからこそ、「知らない→知ることができた」というステップを踏んで体得することができるからです。凡人が、「できない、自信がない、でもできるようになりたい」と必死に勉強して、できるようになったとき、できない人ができるようになるプロセスが腹の底から理解できるのです。どこで引っかかるのか、つまずくのかも分かりますし、そのプロセスこそ、教えるための糧になります。

その上、凡人ができるようになると、「あの人にもできるのだから、自分にもできるかもしれない」という希望を周囲に与えることができます。自分が経てきた歴史がそのまま、周りの人たちの勇気になり、励みになったらうれしいと思いませんか? 凡人だという認識をもち続け、日々努力を重ね、自己嫌悪や憂鬱な気持ちと闘いながら理想の姿を目指してスキルアップを続けているプロセスが重要なのです。

今は自分のスキルを教えるためのプラットフォームも充実しています。就業規則で問題がなければ、そのようなプラットフォームに登録して自身が勉強してきたことを教える経験を積んでいきましょう。いきなり講師デビューが怖い場合は、所属するコミュニティー内で教えてみたり、友人に生徒役になってもらって講師の練習をしたりするのも手です。筆者が主宰する朝活コミュニティー「朝キャリ」では「先生ごっこの会」と称してオンラインで講師の練習をする会を定期的に開催しています。

次のページ
特別なメソッドを編みだす必要はない