筑駒OBたちは陰の知恵袋にもなってくれています。LINEに同級生70人でグループを作っています。普段はほとんど音信不通なのですが、「教えて、AI(人工知能)のことだけど……」と送れば、すぐ返信をくれます。AIの件だと、プリファード・ネットワークスに勤めている同級生が答えてくれます。この会社を率いる西川徹さんも筑駒の先輩にあたります。

東大工学部の航空宇宙工学科出身の優秀な技術者たちが立ち上げたスタートアップを、現会長の小松周平氏が引き継ぐことで、今のA.L.I.となった。

初めは投資家として参加していましたが、19年からは社長として経営を担うようになりました。AIやドローン開発を進め、その技術を活用してホバーバイクの開発に乗り出しています。いまの開発責任者は家庭用ゲーム機「プレイステーション」などの開発を手掛けたソニー元役員の三浦和夫取締役です。社外取締役や特別アドバイザーには日立製作所元副社長の岩田真二郎さんや国交省元事務次官の安富正文さんがそれぞれ就任し、経営をサポートしてくれています。

開発中のホバーバイク

「こんなドリームチームなら実現するかもね」とプロサッカー選手で投資家の本田圭佑さんも出資してくれました。現在までに計30億円の資金を調達していますが、出資先には三菱電機、京セラなどの大企業も少なくありません。

19年3月に走行試験をメディア向けに公開し、東京モーターショーにも出展し、話題を呼びました。しかし、革新的なエアーモビリティーですから、未知の分野が多く、非常にチャレンジングな領域だと思っています。安全性や法規制、採算性などまだまだ詰めなくてはいけない課題もあります。筑駒での学びや体験、そして人の輪を生かし、全精力を傾けて夢の実現にまい進したいと考えています。

(代慶達也)

<<(上)「空飛ぶバイク」開発の経営者 筑駒で出合う自由奔放

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら