powered by 大人のレストランガイド

秋を味わう栗の焼き菓子10選 お取り寄せで楽しむ

秋の味覚として親しまれている「栗」。上品な甘さとほくほくした食感を楽しめる。栗を使ったお取り寄せ可能な焼き菓子を、専門家が選んだ。

■1位 ノアケトーキョー(東京都台東区) 670ポイント
滋味深い味わい

「和栗のテリーヌ」 フレンチ出身のパティシエが東京・表参道で屋台から始めた店で、今は浅草と銀座に店舗がある。和栗のペーストを練り込んだ生地の中に、イタリア北部ピエモンテ州特産のマローニと呼ばれる栗を入れた。実がしっとりと柔らかく、まろやかな口どけ。「自然な甘さの生地に、甘みの強い栗がごろっと入っていて、滋味深さを感じる」(下園昌江さん)

今年から表面の焦がしたキャラメル部分をより薄く、繊細な味わいになるように改良した。「キャラメルのほろ苦さが味わいのアクセントになっている」(下井美奈子さん)

(1)5400円(ハーフサイズ)(2)通年(3)https://noake.jp/?pid=63776242(4)冷凍

■2位 フランス菓子16区(福岡市) 600ポイント
ぎっしり栗づくし

「栗のテリーヌ」 渋皮煮にした栗の渋皮部分を取り、洋酒に漬けて、生地に練り込んでいる。カットすると、切り口には生地が見えないほど栗がぎっしり詰まっており、目にもおいしい。「限界量まで栗が入っていて、香りが口いっぱいにあふれる。この価格でもコスパが良いと思わせてくれる」(chicoさん)

「しっとりした生地と栗の甘みの相性がすばらしい」(スイーツなかのさん)。店名は黄綬褒章を受章したオーナーシェフ三嶋隆夫さんが、パリ16区の洋菓子店で修業していたことから。

(1)5832円(2)今年度は2021年3月中旬まで(20年12月16日から21年1月15日は当商品は注文休止)(3)https://www.16ku.jp/(FAX注文書をダウンロード)(4)冷蔵

■3位 ジャック(福岡市) 555ポイント
上品なラム酒の香り

「クグロフマロン」 クグロフはフランスのアルザス地方を代表する発酵菓子で、うねりのある王冠のような形のクグロフ型を使う。発酵バターとアーモンドのケーキ生地に熊本産の栗を入れ、ラム酒を加え、風味豊かに焼き上げた。「ラム酒が上品に香り、栗の渋皮煮とのバランスが最高」(下井さん)。しっとりとした食感で、優しい味わいに仕上がっている。

「クグロフ型のフォルムがかわいくて贈り物としても喜ばれそう」(猫井登さん)。冷蔵庫で冷やすとカットしやすく、その後10分ほど常温に戻して食べるのがおすすめ。

(1)3500円(2)通年(3)http://shop.jacques-fukuoka.jp/?pid=93654194(4)常温(夏季は冷蔵)

■4位 ラトリエ ドゥ マッサ(神戸市) 550ポイント
アーモンド入りのクッキー生地

「ガトーバスク マロン」 ガトーバスクはフランスの伝統的なお菓子。アーモンド入りの厚めに伸ばしたクッキー生地の中に、カスタードクリームとアーモンドクリーム、栗の渋皮煮を入れ焼き上げた。「外はさくっと香ばしく、中はしっとりしていて、コクのあるガトーバスクと力強い味わいの栗がマッチしている」(瀬戸理恵子さん)

風味付けに香り高いネグリタラム酒を使用している。「ラム酒がふわっと香り上品な印象。ごろっとはいった栗の食感がアクセントに」(永井里果さん)

(1)1836円(2)通年(3)https://store.shopping.yahoo.co.jp/massa/011.html(4)冷蔵

■5位 足立音衛門(京都府福知山市) 500ポイント
食感異なる3種類の栗

「栗のテリーヌ」 京都府指定文化財にもなっている邸宅を店舗として利用している。国産、欧州産、チリ産と、それぞれ食感の異なる3種類の栗を使い、奥行きのある味わいに。栗の風味が生きるように、和三盆糖と発酵バターで甘さは控えめに仕上げている。

「栗の風味が強く感じられる。上質な紅茶やさわやかなシャンパンとも合いそう」(猫井さん)。しっとりした生地に、やわらかい栗の渋皮煮が入ることで「食感に統一感がある。洋酒がきいた大人の味」(永井さん)。

(1)4590円(2)通年(3)https://www.otoemon.com/shop/fytj-k0003/(4)冷蔵

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド