英語嫌いがICU、貪欲に学ぶ ウーバーイーツ日本代表武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表(下)

武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表
武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表

急成長する料理宅配のウーバーイーツ(東京・渋谷)日本代表の武藤友木子さん。25歳の時に起業し、その後、子育てもしながら、複数の外資系企業のトップなどを務めるスーパーキャリアウーマンになった。名門女子校の雙葉中学・高校を経て国際基督教大学(ICU)に学び、リーダーとしての素地を築いた。

<<(上)何事も裏表なく ウーバーイーツ代表支える雙葉の教え

ICUを受験したのは、英語に強くなりたい一心からだった。

実は英語が大嫌いでした。ミッション系の雙葉は、英語などの授業も重視していましたが、中2の頃から授業や宿題をさぼるようになり、そもそも基礎となる英単語力が足りなかったのです。

しかし私はICUに入学しました。第1志望の大学の理系学部に落ちたこともあるのですが、あえてここを選んだのです。将来は経営者になりたいと思っていたので、英語が苦手では通らない、だったら英語の強い大学に飛び込んでみるかと考えたからです。ICUの教養学部社会科学科に入りました。

入学当初は戸惑いの連続でした。英語の授業では中級クラスに入りました。帰国子女で、英語はペラペラだけど英文法は理解していなかったり、私のように一応英文法は分かるけど、英語をしゃべるのは苦手だったり、様々なタイプの15~16人でクラスを構成していました。最初は日本人の先生が日本語で説明を交えながら、英語を教えてくれるものだと思っていました。しかし実際は外国人の先生がオールイングリッシュで生徒とインタラクティブにやりとりをする授業でした。

しかも予習などの準備を怠ると、その外国人の先生は「君、そこに立っていなさい」と教室で立たされました。大学生になり、こんな経験をするとは想像もしていなかったのでかなりの衝撃でした。

私は今までの学びの姿勢を改めることにしました。ICUは学生数が3000人弱の小規模な大学なので、文系の中で授業料は比較的高額です。ただその分、教養に関する様々な講義を受けられます。同じ授業料なら多くの講義を受ける方が投資対効果は大きい。「食べ放題の講義メニュー」だったので、それなら貪欲に講義を受けて単位を取ろうと考えたのです。

注目記事
今こそ始める学び特集