何事も裏表なく ウーバーイーツ代表支える雙葉の教え武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表(上)

武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表
武藤友木子・ウーバーイーツ日本代表

中高一貫のミッション系の有名私立校、雙葉中学・高校(東京・千代田)。桜蔭中高女子学院中高と並ぶ「女子御三家」と呼ばれる進学校だ。料理宅配のウーバーイーツ(東京・渋谷)日本代表の武藤友木子さんは同校の出身。「最難関のお嬢様学校」といわれる雙葉でどんな体験をし、何を学んだのか。

「将来は社長になりたい」。子供の頃から常に周囲にそう言っていた。

父親が実業家だったので、会社経営に関心があったのです。小学校は東京の多摩地方にある国立市の私立小学校に通っていたのですが、中学受験ではトップクラスの進学校に進学したいと思っていました。一方で両親はいわゆるお嬢様学校に行ってほしいと。それで「雙葉ならいいじゃない」ということで志望校が決まりました。

しかし、お堅いお嬢様学校という印象とは異なり、比較的自由な学校で、服装や髪形に関する校則もあまり厳しくはなかった。少し短めのコートがはやって、生徒の半数近くが着ていたことがありました。ちょっとうるさい先生から「何ですか、そのハレンチなコートは」と注意されたのですが、逆に言えばそれで終わり。他の先生も騒ぎ立てたり、指導したり、罰則を科したりすることはありませんでした。

髪形もソバージュにしたり、ちょっと色を染めたりする子もいましたが、金髪までにはしない。服装も髪形も大半の生徒は自分たちである規律、範囲を決めて、オシャレを楽しんだりするのです。だから奇抜な格好をする子はいない。

自律的な生徒が多かったと思います。自分で考え行動するが、ある一定のルールからはみ出さない。女子校ということもあり、例えば重い荷物も男子に頼るのではなく、何でも自分でやらなくてはいけない。明るくて活発で、おっとりしていても芯が強い。単純にお嬢様学校と言われるとちょっと違うかなと感じます。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集