◇イノベーション部門 慶応義塾大学医学部教授の宮田裕章さんはデータを活用した社会変革に挑戦する。新型コロナウイルス感染症の実態を把握するため、厚生労働省と連携し、通信アプリのLINEを使った全国調査に乗り出した。データサイエンスで人々を幸せにしたいという。

「世界中の人々が身を引き締めて仕事と向き合う、あるいはエレガントな空気をまとうときに、みなを結びつけるドレスコードがスーツ。これからはスーツもその人らしさを出して着こなす時代だと考えています」

宮田裕章さん
楢崎智亜さん

◇スポーツ部門 プロクライマーの楢崎智亜さんはスポーツクライミングで、2016年日本人初の世界選手権優勝、17年ワールドカップでボルダリング、スピード、リードの3種目部門での総合優勝と快進撃を続け、東京2020オリンピック・パラリンピックで初採用となるスポーツクライミングの日本代表に内定。

「取材のときにストレッチの効いたこのスーツでクライミングし、機能性に驚いた。スーツは身を引き締め、自分をランクアップさせてくれるもの。この賞を受賞できたことを、男として誇りに思います」

鈴木保奈美さん

◇アート&カルチャー部門 女優・鈴木保奈美さんは、今年放送されたドラマ「SUITS/スーツ2」に出演。エレガントで強く、華麗に立ち回る女性、幸村チカ役を好演した。劇中でもスーツやジャケットを魅力的に着こなし、ビジネスエグゼクティブの新しい女性像で多くの人を魅了した。

「一年を通して『SUITS/スーツ2』を撮影し2020年=スーツでした。それを象徴する賞をいただきうれしいです。このスーツは男性らしいダブルブレストをしなやかな生地で仕立て、カーディガンのような着心地です」

「スーツ・オブ・ザ・イヤー2020」バーチャル授賞式の様子

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram