靴はカジュアルな茶色のオックスフォードタイプを好んではいていた。てっきりワークシューズかと思ってまねをしてアメリカ製のオックスフォードタイプのワークシューズを買って履いたりしたものだが、おそらくあれは当時まだ日本であまり知られていなかった「J.М.ウエストン」のゴルフだったに違いない。足を組んだ時にチラリと見えるソックスがエンジ色のホーズソックスというところも、まさにフレンチアイビーのお手本である。

自分が着たい服をそろえていた「ケンゾーオム」

この格好でよく着ていたのが千鳥格子柄のジャケットである。コンサバなジャケパンスタイルでも、首元に大判の上質なストールを無造作にぐるぐると巻いたりしていた。こういういかにもパリジャンらしい着こなしは、簡単なようで実は日本人にはなかなかまねができないテクだ。

着物の帯で作ったスーツ姿の高田賢三さん(2001年、東京・原宿)=共同

そんな高田賢三氏の私服のセンスをカタチにしたのが、当時発表されたばかりの「ケンゾーオム」である。モードなレディースのコレクションと違ってケンゾー自身が着たい服で、ネイビーのブレザーや、きれいな色のタータンチェックのパンツといったトラディショナルなアイテムをそろえていた。そこにヴィヴッドなパープルやコバルトブルーの遊び心がある細身のタイを合わせたりするところも、いかにもケンゾーオムらしかった。

筆者もライザミネリ風のダンサーの刺しゅうが小さく入ったケンゾーオムのパープルのタイを持っていたが、これがフレンチアイビー初心者の若造にはなかなかに手ごわくて、ちっとも上手に着こなせなかったのを覚えている。

ちょうどこの頃のパリの街には、「エミスフェール」、「オールドイングランド」、「マルセル・ラサンス」、「アニエスb」といったブランドやショップが続々とオープンして、まさに時代はフレンチアイビー、フランス版プレッピーのBCBG(ボンシック・ボンジャンル)ブームを迎えていたのだ。

今回はつらつらと筆者の高田賢三氏への想いを勝手に書きつらねてしまいました。最後に、もう一度言わせてもらうぞ。偉大な才能を次々と奪ってしまうコロナがつくづく憎い。

Adieu! ボクのフレンチアイビーの師匠ケンゾー!

いで あつし
1961年静岡生まれ。コピーライターとしてパルコ、西武などの広告を手掛ける。雑誌「ポパイ」にエディターとして参加。大のアメカジ通として知られライター、コラムニストとしてメンズファッション誌、TV誌、新聞などで執筆。「ビギン」、「MEN’S EX」、JR東海道新幹線グリーン車内誌「ひととき」で連載コラムを持つ。

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram