MEN’S EX

2020/9/21

その5 大人に最善なるスポスニ最前線

世界的なスニーカーブームを背景に、ラグジュアリーブランドからも続々と高機能なモデルが登場している。普段使いはもちろん、ランニングやウォーキングにも本気で使える4足をセレクト。自粛太りはこれで解消!?

DUNHILL & TOM FORD & BRIONI & Z ZEGNA (ダンヒル & トム フォード & ブリオーニ & ジー ゼニア)

大人に履けて軽快!“ラグラン”こそ狙い目

ラグジュアリーブランドのスニーカーと言えばその豊かなデザインに目がいきがちだが、最近はかなり本気モード。ご覧の4足もハイテクを注ぎ込み、抜群のスポーツ性を発揮してくれる。しかもそれが新たなデザインエッセンスになっており、かつ各々の「らしさ」やオーラは健在。ラグジュアリーランで、休日に差をつけてみてはいかが?

「ダンヒル アクシスランナー」1970年代の軽量ランニングシューズから想を得た新作。伝統の製法に基づきつつ、レザー×テクニカルナイロンのアッパーはどこかモダンでクリーンな雰囲気も発散。シンプルゆえにJKやセットアップの足元にも使えるだろう。 6万6000円(ダンヒル)

「トム フォード ヤーゴ スニーカー」開口部からつま先にかけて伸縮性のある素材を使用し、ソックスニーカー風に仕上げたモデル。快適なフィット感で、脱ぎ履きも容易だ。赤の差し色もスポーティさを盛り上げる。 12万円(トム フォード ジャパン)

「ブリオーニ ランナーソック」一見クラシックだが、ネイビーのアッパーは伸縮性のあるニット素材を用い、ソックスニーカー風に仕上げた。トウ周りなど要所をブラックカーフレザーで引き締めたことで、シックなスタイルにも映えそうだ。 9万2000円(ブリオーニ ジャパン)

「ジー ゼニア テック メリノ(TM) ソック 2.0 スリッポン」極細のメリノウールを用いた最新のニット素材をアッパーに用い、ソールもつま先と踵に高機能ウレタンをインサートした革新素材。一見ミニマルだが、抜群に快適な履き心地を実現している。 6万2000円(ゼニア カスタマーサービス)

※表示価格は税抜きです。

撮影=黒沼 論(aosora)〈人物〉、若林武志〈静物〉、武蔵俊介〈静物〉 スタイリング=四方章敬 iconic ヘアメイク=馬場拓也(Sept.) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、伊藤美鈴、秦 大輔、間中美希子、山田純貴 撮影協力=yl&Co. Hotel in Mt.Fuji, BMW

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年9月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram