新常態のワークスタイルに 軽快さを添える靴とかばん

MEN’S EX

MEN'S EX

テレワークをはじめとする新しい生活様式が急速に広まるなか、これまでのビジネスカジュアルに比べ、より一層軽装化した、全く新しいワーキングスタイルが浸透しつつある。その好例が、下のニットジャケット、ポロシャツ、ストレッチパンツのような端正さと快適さを兼備したもの。当然、合わせる靴&カバンにもさらなる軽快さが求められている。サラッと持って&サラッと履いて、外回りでも強力な味方になり得る、靴&カバンを考察した。

バッグ14万8000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) 靴2万2000円/トゥモローランド(トゥモローランド) ジャケット4万2000円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム) ポロシャツ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) パンツ3万1000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ) 時計75万円/グランドセイコー(セイコーウオッチお客様相談室) メガネ〈スタイリスト私物〉



市民権を得て種類の増えた「ドレススリッポン」

臨機応変さが求められるニューノーマルな時代に、改めて注目されているのがスエード素材のドレッシーなスリッポン。軽快さと品格を併せ持つこの靴ならオン・オフの境なく履くことができる。

PANTOFOLA D’ORO(パントフォラ・ドーロ)

職人によって丁寧に編み上げられたイントレチャートのレザースリッポンは、超絶技巧が夏の着こなしを足元から格上げ。 4万7000円(カメイ・プロアクト)

LETTERESE(レッテリーゼ)

有名ブランドの靴も手掛ける、ナポリの実力派ファクトリーブランド。イタリア伝統のタンポナート染色を施したアッパーは、深みのあるネイビーが着こなしに箔をつける。 4万6000円(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

OFFICINA SLOWEAR(オフィチーナ スローウエア)

ヴィンテージライクなカーフスエードのアッパーは、品の良さとカジュアル感が好バランス。エスパドリーユ型のスリッポンで形もほっそりしており、合わせるパンツを選ばない。 4万円(スローウエア ベネツィア 東京丸の内店)

AMB(エーエムビー)

上質なブラウンスエードのアッパーにブラックのソールを合わせた、ありそうでないカラーバランスがなかなかシック。足入れのしやすさも自慢のオリジナルレーベルは、プライスも魅力的。 2万円(ハイブリッジ インターナショナル)

TOMORROWLAND(トゥモローランド)

腕利きファクトリーにオーダーした、高級感溢れるオリジナルスリッポン。滑らかなスエードと白さ際立つラバーソールの組み合わせは、クリーンな印象に貢献。ソールは耐摩耗性に優れ長く愛用できる。 2万2000円(トゥモローランド)

次のページ
ミニマルコーデに“華”をプラスする「コンビカラートー
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash