2度と考えるな? 誤解しやすいDon't think twiceデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(59)think

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「考える」「~だと思う」という意味のthinkを使ったフレーズについてご紹介いたします。

◇  ◇  ◇

次の日にプレゼンを控えて準備しているユウカ。資料はほぼまとまっていたのですが、どうしても気になる点が出てきたため、急遽変更することにしました。時間はかかりそうだけど、ギリギリなんとかなりそうな感触。ちょうどスティーブもいたので、不明点が出てきたら連絡をとらせてもらうかもしれない、ということを念のために伝えたのですが……。

それはこんな会話でした。

Yuka: Can I ask you about something really quick?
Steve: Sure. What's the problem?
Yuka: There are a couple of things I'd like to change about tomorrow's presentation.
Steve: Let me see what you've prepared.
Yuka: I'm thinking about looking up these numbers.
Steve: Now? That's going to be a lot.
Yuka: If I have any questions, is it okay to ask you?
Steve: I'm about to go out, but don't think twice about calling me.
Yuka: Oh, that's right! Sorry.
Steve: You don't have to apologize.
Yuka: But I know you're busy. I'll try to take care of it myself.
Steve: No, I can help you...

日本語に置き換えてみると次のようになります。

ユウカ:ちょっと相談があるんだけどいいかな?
スティーブ:もちろん、どうしたの?
ユウカ:明日のプレゼンでちょっと変更したいことがあって。
スティーブ:資料を見せて。
ユウカ:この数字をこれから調べようかと思って。
スティーブ:これから? 大変だね。
ユウカ:もしわからなことあれば質問しても大丈夫?
スティーブ:これから外出しちゃうけど、遠慮しないで電話してね。
ユウカ:あ、そうよね、ごめんね。
スティーブ:謝らないでいいよ。
ユウカ:でも忙しいものね。自分で何とかするわ。
スティーブ:いや、手伝えるよ……。

上記の会話は、ユウカと同僚のスティーブの会話です。これからプレゼン内容を変更することになり、大急ぎで作業しているユウカ。スティーブにも質問が出てくる可能性があるのでその旨を伝えました。二つ返事で快諾してくれると思いきや、スティーブの返答はユウカには意外なもので戸惑います。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集