女性管理職比率、30%は絶望的 個別目標定め実現を

日本IBMは女性管理職育成プログラム「W50」を実施している
日本IBMは女性管理職育成プログラム「W50」を実施している

「ニイマル・ニイマル・サンマル」という呪文のようなキャッチフレーズ。女性活躍の目標として長らく使われてきました。正確には「2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度」という政府目標で、ここから数字部分だけを抜き出しました。今年、目標年次を迎えましたが、達成は絶望的です。政府は年内に新たな目標を設定します。

政府がこの目標を掲げたのは小泉純一郎内閣時代の03年6月。議員や公的審議会の委員、管理職など様々な分野が対象です。17年あれば実現可能と考えたのでしょうが、現時点でほとんどの分野が未達です。中でも企業の女性管理職比率(課長相当職以上)は18年度11.8%(厚生労働省「雇用均等基本調査」)。特にここ数年は伸び悩んでいます。16年に女性活躍推進法を本格施行するなどテコ入れしましたが、焼け石に水でした。

働く女性は増えているのに、なぜ管理職が増えないのか。企業は「なりたがらない」「昇進・昇格を嫌がる」と女性の意識を理由に挙げます。ただ本気で女性を登用したい企業は対策も打っています。日本IBMは19年に管理職候補者向けの年間プログラムを始めました。管理職に必要なスキルや心構えを学びます。女性管理職比率が約5年間13~14%で停滞していたからです。プログラムの実施で、「管理職になりたくない」とする回答は4割から1割に減少。19年末時点で女性管理職比率は17%に上昇しました。

女性管理職が増えない背景には、職場の構造的な問題もあります。公益財団法人21世紀職業財団は1月、ダイバーシティ推進状況を調査しました。「重要な仕事を男女どちらが担当するか」という問いに、「男性」とする回答は男性総合職で50.7%、女性総合職では55.5%に上りました。伊岐典子会長は「鍛えなければ人材は育ちません。日本企業は重要な仕事を男性に割り振る傾向が強く、女性に成長機会を与えていません。そこから変える必要があります」と強調します。

政府は今、第5次男女共同参画基本計画(21~25年度)を策定中です。有識者による専門調査会は21日、20年代の可能な限り早期に30%を目指すという新たな目標案を示しました。

注目記事
次のページ
伊岐典子・21世紀職業財団会長「仕事を任せ、育てる意
今こそ始める学び特集