高級スポーツ時計、リネンスーツと「旬」の組み合わせ

MEN’S EX

2020/7/21
MEN'S EX

ケースとブレスが一体化したシャープなデザインながら、高品質な仕上げによりドレス感も纏う……。'70年代にオーデマ ピゲやパテックなど名門勢が手掛けたSS製モデルを祖とする高級スポーツウォッチが、近年の時計界を席巻している。これはまさしく、“オンとオフの垣根が曖昧な”今の時代において、最も使い勝手がいいステイタスウォッチだから、と言えるだろう。

一方、正統的なスーツにはそぐわないと考える人もいるかもしれないが、そんなことはない。この夏とくに小誌がおすすめするのは旬のリネンスーツとの合わせ。リネンの豊かな表情がエッジの効いた造形を受け止めるからだ。打ち込みのしっかりした上質リネンならなおさら、そのエレガントにしてタフな感じが時計のテイストと響きあう。憧れの高級スポーツを手に入れたら、参考にして欲しい。




Good Combination Suit & Watch [ ACTIVE ELEGANCE ]

【調査報告】太田 裕康さん/ソブリンブランド ディレクター

オーデマ ピゲ「ロイヤルオーク」

「スポーツ時計なのに、エレガントなのが愛用理由」と太田さん。他にはない“優雅さと男らしさの融合”に惹かれる洒落者は多い。

時計はショパール。詳細は下参照。スーツ25万円/スティレラティーノ(リング 東京店) シャツ3万5000円/フィナモレ(グジ 東京店) タイ1万8000円/フランコ バッシ(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) ベルト〈スタイリスト私物〉

美しき造形を引き立てる巧みな素材使い

CHOPARD(ショパール) アルパイン イーグル ラージ

1980年発表の名作「サンモリッツ」のアイコン的な意匠をなぞりつつ、モデル名通り“アルプス”と“鷲”のイメージも投影して現代的な洗練デザインに仕上げた新作。スティールの仕上げは雪をかぶった氷河を彷彿させ、文字盤のテクスチャーは鷲の目の虹彩から着想したものだ。こちらは“ルーセント スティール A223”という独自開発の合金と18KRGのコンビモデルで、いつもの装いをぐっと格調高く見せてくれる。径41mm。自動巻き。18KRG+SSケース&ブレス。 226万円(ショパール ジャパン プレス)

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram