再ロックダウン? 感染急増の米国、第2波どう対応

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

米国では、最近になって30の州で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患する人が急増している。特にテキサス州ヒューストンではわずか2週間のうちに、1日の新規感染者数が300から1300に急増した。他の州も似た事態に直面している。

「被害が大きい地域の病院の集中治療室(ICU)や人工呼吸器のキャパシティーは、限界に達しつつあります」と、米アリゾナ大学准教授で感染症疫学者のパーニマ・マディバナン氏は言う。「今考えられる対策としては、少なくとも『ハームリダクション』から始めようということくらいです」

「ハームリダクション」(危害低減、harm reduction)とは、そもそもは薬物依存症における厳しい禁止措置の代わりに始まったもので、厳格な指導に全員を従わせるのではなく、実害を減らすことを目指す公衆衛生上のツールや習慣のことだ。例えば、感染症予防を目的とした、薬物使用者向けの注射針交換プログラムや、セックスワーカーへのコンドーム配布などがそれにあたる。

COVID-19の場合、人混みなどのリスクの高い場面ではマスクを着用するよう人々を促す一方で、公園など互いに安全な距離を保てる場所ではそうしたガイドラインを緩める、というものがある。ハームリダクションでは、個人の意思決定だけではなしえない成果が期待できる。すでにニュージーランド、韓国、ニューヨーク州など、いくつかの国や州でコロナウイルスの抑え込みに成果を上げている。

「6週間ほど前には、わたしたちはいつまでも家の中にいるか、それとも普段どおりに職場に戻るかという、誤った二者択一の間で立ち往生していました」と語るのは、米ハーバード大学医学部教授で疫学者のジュリア・マーカス氏だ。「リスクは二項対立的なものではありませんし、社会的な接触を控えるため、人々が永久に家の中にいるようには望めません」

ナショナル ジオグラフィックがコンタクトをとった疫学者、ウイルス学者、心理学者らもこれに同意している。ハームリダクションの考え方のもとに、より統一された計画の立案とその内容の周知を行えば、現在苦戦を強いられている各国政府は、おそらく再度のロックダウン(都市封鎖)を行うことなくCOVID-19に勝利できると述べている。専門家らによると、米国がCOVID-19の拡大を止められない主な要因は、ウイルスに対する人間の本質的な強みを生かしていないことだという。人間の本質的な強みとは、すなわちコミュニケーション、協力、歩み寄りだ。

「抑え込みに成功しているのは、政治と民間の意思が完全に一致している国々です」と語るのは、米コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院の疫学者、ジェフリー・シャーマン氏だ。こうした専門家の中には、われわれがCOVID-19との闘いに破れたと考えている人間は1人もいない。ただし、政府のリーダー、メディア、科学者、一般市民は、考え方とメッセージの伝え方を変える必要がある。

流行が始まって以来、米国では主に二つの対策がとられてきた。一つは厳格な自宅待機命令による流行の緩和、そしてもう一つは、検査、自己隔離、接触追跡によるウイルス拡散の封じ込めだ。この二つの作戦はいわば、イケアの家具を組み立てるのに、チェーンソーと外科用メスのどちらを使うか選ぶようなものだ。意外な事実が次々に判明するCOVID-19に対応できる柔軟性に欠け、誤った情報による影響も受けやすい。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
週3000万件の検査の是非は?
ナショジオメルマガ