テレワークでも使える アマゾンの新「1万円端末」

日経クロストレンド

米アマゾン・ドット・コムが発売したお手ごろ価格のタブレット「Fire HD 8」シリーズ。左側スタンダードモデルのFire HD 8にはブラック、ホワイト、ブルーの3色を用意。右側がFire HD 8 Plus
米アマゾン・ドット・コムが発売したお手ごろ価格のタブレット「Fire HD 8」シリーズ。左側スタンダードモデルのFire HD 8にはブラック、ホワイト、ブルーの3色を用意。右側がFire HD 8 Plus
日経クロストレンド

米アマゾン・ドット・コムは新しい8インチタブレット「Fire HD 8」を6月に発売した。スタンダードモデルの32GB製品は9980円(税込み)という手ごろな価格で買えることもあり、発売以来Amazon.co.jpの家電・カメラ部門の売れ筋ランキング上位を陣取っている。

上位モデルの「Plus」は何が違うのか

新型コロナウイルス感染症の影響により、自宅などオフィス外でワークスペースを見つけて仕事に打ち込むビジネスパーソンにとって、アマゾンの「1万円から買えるタブレット」はテレワークの強い味方になるのだろうか。そこで今回は新しいFire HD 8シリーズの中からスタンダードモデルの「Fire HD 8」と、ワイヤレス充電にも対応する強化版の「Fire HD 8 Plus」をチェックする。

ディスプレーはコンテンツの視認性が高い8インチ。フロントカメラは本体を横に構えてビデオ通話がしやすいように長辺側のフレームに搭載した

Fire HD 8は8インチのHDディスプレーを搭載するタブレットで、20年発売なので第10世代に当たる。プロセッサーを強化したことで、従来モデルから処理速度がおよそ30%向上した。これにより動画視聴やゲーム、Web閲覧などのマルチタスク処理がスムーズにできるようになった。ストレージ容量は32GBと64GBから選べ、microSDカードを足すことにより拡張可能だ。注目は32GBモデルで、9980円(税込み)というインパクトのある価格に設定している。

Fire HD 8 Plusの基本仕様はスタンダードモデルとほぼ同じだが、メインメモリーのRAMを2GBから3GBに強化している。Qi(チー)規格に対応したワイヤレス充電機能を備え、オプションでタブレット本体を立て掛けられるワイヤレス充電スタンドを用意する。パッケージに同こんするアダプターを使えば、本体バッテリーの高速充電も可能だ。内蔵ストレージ32GBモデルの本体価格は1万1980円(税込み)。Fire HD 8タブレットを少しでも快適に使いたいなら、2000円足せばPlusが買えることを念頭に置いておこう。

Fire HD 8 Plusにサイズを最適化したオプションのワイヤレス充電スタンド

8インチのサイズ感は片手で持ちやすく、コンテンツの視認性も高い。アマゾンのタブレットらしく、AI(人工知能)アシスタントのAlexa(アレクサ)を内蔵する。音声コマンドへの反応に優れたマイクシステムを常時待機状態にしながら、最長約12時間の連続コンテンツ視聴が楽しめるスタミナを実現した点は見事だ。

タブレットの「Showモード」をオンにして、Alexaを起動させるウェイクワードを話しかけると、今日の天気や最新ニュースを画面に表示しながら音声で返答してくれる。アマゾンのディスプレー付きスマートスピーカー「Echo Showシリーズ」は電源ケーブルによる給電が必要な据え置きタイプだが、Fire HD 8タブレットはまるでバッテリーを内蔵した「持ち運べるAlexa搭載スマートディスプレー」のような使い方もできるのが面白い。

Fire HD 8シリーズのShowモードをオンにするとAlexa搭載スマートディスプレーのように使える
バッテリー内蔵なので、室内を持ち運びながらAlexaによる音声コントロールでスマート家電の操作などが行える
注目記事
次のページ
ビジネス向けアプリはどこまでそろう?
今こそ始める学び特集