ノータイ、上品・快適に クールビズのコーデ8選

MEN’S EX

2020/7/7
MEN'S EX

ドレスシャツ以外のインナーが定着してきた昨今のクールビズ。エグゼクティブならそんなノータイな胸元でもエレガンスと快適を両立し、差をつけたいところ。素材選びや色合わせ、着方の工夫など、さりげなくも有効なこだわり方をご紹介。

寛ぎつつきちんと見せるポロシャツ

JACKET / PAUL STUART(ポール・スチュアート)
INNER / JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

重厚感が増すモノトーンレイヤード

軽くてシワになりにくく、通気性や吸水速乾性にも優れた機能素材に本物と見紛うメランジプリントを乗せた、ドレスの老舗が手掛けるハイテクジャケットは風格が段違い。そこにぐっと印象が締まる黒のニットポロを、ボタンを上まで留めてイン。ポロシャツの和らいだムードのなかに、ほんのりドレス感も漂う、モダンシックなノータイスタイルが完成する。 ジャケット5万9000円(SANYO SHOKAI) ポロシャツ2万6000円(リーミルズ エージェンシー)

JACKET / DESIGNWORKS(デザインワークス)
INNER / GUY ROVER(ギ ローバー)

襟元と袖口、要所を押さえてさりげなくきちんと

シャツのような台襟付きのポロシャツは、ジャケットを重ねても襟がしっかり立ち上がるため、ノータイでも着映えする。手元からカフスが覗く仕様も、シャツ並の品格を獲得できる。ヘリンボーンプリントを施したネイビージャケットは、伸縮・通気・軽量・防シワ性に優れ、デイリーに大活躍。ゴージを高めに設定した新モデルもシャープな印象に貢献する。 ジャケット3万9000円(デザインワークス 銀座) ポロシャツ2万2000円(バインド ピーアール)

JACKET / UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
INNER / TOMORROWLAND PILGRIM(トゥモローランド ピルグリム)

定番のネイビージャケットをドレスアップ

4方向のストレッチが利いた定番のネイビージャケットも、上品な光沢を湛えたイタリアの高級綿フィーロ・ディ・スコッツィアを使用したポロシャツで、ドレッシーにシフト。見えにくいインナーまで質にこだわる姿勢は、ひいては仕事をする上での信頼にも繋がるはず。ポロシャツは無地ではなく、極細のボーダーでひねったところもセンスを感じさせる。 ジャケット4万7000円(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) ポロシャツ2万円 (トゥモローランド) メガネ3万4000円/ブラン(B.R.SHOP)

JACKET / CIRCOLO 1901(チルコロ 1901)
INNER / DOPPIAA(ドッピア アー)

涼しい顔をしていられる快適素材合わせ

インディゴ染めしたデニムライクなジャージージャケットに、ブラウンのニットポロを重ねて、イタリアの王道配色であるアズーロ エ マローネを実践。共にボタンは爽やかな白で揃えたのもポイントで、優雅で上品な色合わせは好感度に直結。ジャージーやニットといった動きやすい素材も、暑さのなかでの消耗を緩和し、結果的に快適に涼しく過ごすことができる。 ジャケット5万9000円(トヨダトレーディング プレスルーム) ポロシャツ2万5000円(コロネット)

次のページ
モダンに見えてすっきりキマるクルーネック
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash