タレントパワー急上昇 1位は横浜流星、浜辺美波は?タレントパワーランキング2020 急上昇編

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

タレントパワーランキング2020年版の急上昇編は、前年調査と比べてスコアを大幅に伸ばした人たちをランキング化したもの。この1年で認知度と関心度がアップした、旬の顔ぶれが分かる。1位は横浜流星。連続ドラマ『あなたの番です』に後半から出演して認知度が跳ね上がった。女優では浜辺美波が躍進して3位に入った。

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた

日経エンタテインメント!では、2008年から年1回「タレントパワーランキング」を発表している。株式会社アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ(調査の詳細は総合編の「タレントパワー サンドウィッチマンが堂々の2連覇」をご覧ください)。

今回の調査では、横浜流星が17.2ポイントスコアを伸ばして1位となった。昨年も「急上昇」14位で7.7ポイント上げており、今回のパワースコアは30.0。もう少しで「男優総合TOP30」に手が届きそうな勢いだ。19年は、GP帯(19~23時)連ドラ初レギュラーとなった1月期の『初めて恋をした日に読む話』で、深田恭子ふんするヒロインに恋をする不良高校生役で女性ファンを獲得。その後、4月から2クール放送された『あなたの番です』の後半戦に新キャストとして加わり、田中圭演じる主人公の相棒を好演した。『あな番』はミステリー作品ということもあり、伏線の回収や犯人予想の“考察”で人気が過熱。それに伴い、視聴率が上昇中の8月に、もともと高かった「関心度」はそのままに、「認知度」が跳ね上がった。

2位には、9月から日本で開催されたラグビーワールドカップでキャプテンを務めたリーチマイケルが続いた。こちらも17.0ポイントとスコアが急伸。ニュージーランド出身で、留学生として来日した高校時代から日本でプレーし、13年に日本国籍を取得している。3回目のW杯出場となり、チームを日本史上初のベスト8進出に導いた。日本が敗退した決勝トーナメントの南アフリカ戦は、41.6%という高視聴率を記録。5位の田中史朗、7位の堀江翔太、11位の姫野和樹と、スポーツの分野で「急上昇」に上がってきたのは、全員ラグビー日本代表選手だった。

『メンノン』モデルが躍進

3位は、12.7ポイントアップした浜辺美波。主演作の『賭ケグルイ』の連ドラ第2弾と映画公開があったほか、興行収入19.3億円の『アルキメデスの大戦』や、『屍人荘の殺人』などの話題作に出演。今年1月期の『アリバイ崩し承ります』でも主演し、助演と主演をバランスよくやり遂げた。

4位には9.0ポイントアップした宮沢氷魚がランクイン。7月期の『偽装不倫』で、主演する杏の恋の相手役を演じて「認知度」が高まった。そして今年1月には、初主演映画『his(ヒズ)』が公開。ゲイの役を印象的に演じて、俳優としてステップアップした。宮沢は『MEN’s NON‐NO』モデルとしてキャリアをスタートさせており、同じ『メンノン』モデルとして活躍する清原翔は10位、成田凌も20位に入っている。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
『なつぞら』からは3人
エンタメ!連載記事一覧