タレントパワー サンドウィッチマンが堂々の2連覇タレントパワーランキング2020

日経エンタテインメント!

【タレントパワー総合TOP100の見方】スコアの表示は、小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めているため、同得点でも異なる場合がある。2018年、19年の順位は各年2月調査のもの

11位から30位を見ると、19年は俳優デビュー10周年の菅田将暉が49位から16位へとジャンプアップ。7月公開の主演映画『アルキメデスの大戦』や11月からの舞台『カリギュラ』などで、数多くの賞を受賞した。アナウンサーでは、水卜麻美アナが17位で最高位。女優では、天海祐希が66位から26位へと大きく上昇した。

31位から50位では、佐藤健が88位から36位に大幅アップ。19年は味の素やハーゲンダッツの新CMが始まったほか、8月にアニメ作品『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』、11月に『ひとよ』と、主演映画が公開。20年1月期の『恋はつづくよどこまでも』では、主人公が恋をするドSのドクターを演じて作品人気をけん引し、同時にスコアも跳ね上がった。ほかには、19年4月期の『集団左遷』などで安定の活躍を見せた神木隆之介が46位、同じ4月期『インハンド』で偏屈な主人公を印象的に演じた山下智久が48位。

芸人では、『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)など、レギュラー番組の人気が定着している中堅・タカアンドトシが37位に再浮上。高視聴率番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)でMCを務める所ジョージも41位に上昇した。

女優では、コメディエンヌぶりに磨きがかかる広瀬アリスが45位に、朝ドラ『なつぞら』での優しい義母役が記憶に新しい松嶋菜々子も48位にアップ。19年4月公開の『キングダム』や、9月公開の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』など、出演映画が軒並みヒットした橋本環奈も躍進し、48位に滑り込んだ。

本田翼と小池栄子が初のトップ100入り

【タレントパワー総合TOP100の見方】スコアの表示は、小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めているため、同得点でも異なる場合がある。2018年、19年の順位は各年2月調査のもの。90位の小池栄子は18年2月まで調査時期は5月と11月の年2回

51位から100位を見ると、まず女優の飛躍が目立つ。19年7月期の『偽装不倫』で約4年ぶりに連ドラに主演した53位の杏と、10月期の『同期のサクラ』が最終回視聴率で13.7%の反響を得た59位の高畑充希が大幅アップ。この朝ドラ経験者2人だけでなく、191位から83位へと怒涛の上昇を見せたのが本田翼だ。19年4月期の『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は平均視聴率12.1%、20年1月期の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』も10.0%で、出演連ドラが好調。映画『空母いぶき』や興行収入140億円超のアニメ映画『天気の子』などの大作にも出演したほか、YouTubeチャンネルの1周年を記念したイベントをさいたまスーパーアリーナで10月に開催。年間を通してマルチに活躍した。ほかに、19年3月まで朝ドラ『まんぷく』の語りを務め、10月からサンドウィッチマンとのバラエティ『博士ちゃん』がスタートした芦田愛菜が86位、7月期の『わたし旦那をシェアしてた』や10月期『俺の話は長い』など、主演でも助演でも評価された小池栄子が90位で、初のトップ100入りとなった。

お笑い界ではナイツが66位にランクアップ、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、志村けんも84位にランクイン。『志村けんのだいじょうぶだぁ』では、千鳥の大悟とのアドリブのやり取りが評判になり、新しい笑いとして評価された。

男優では、主演ミュージカル『Endless SHOCK』シリーズが20年に20周年となった堂本光一が大きく順位を上げて93位に。19年3月から国内初の個展を開催し、10万人以上を動員した香取慎吾も95位にランクインした。

(※)本文中の視聴率はビデオリサーチ関東地区のデータ。平均視聴率は編集部調べ

【調査方法/ランキング作成方法】
[調査概要]アーキテクト「タレントパワーランキング」調査(株式会社アーキテクト/http://www.talentsearch.jp/)からデータを入手[調査方法]WEB・FAX調査[実施時期]年4回(2月・5月・8月・11月)[調査地域]東京・千葉・埼玉・神奈川[調査対象]タレントを一部入れ替えながら毎回約1200組を調査[回答者]アーキテクトの登録モニターより4400人を抽出(調査タレントを4グループに分割。10歳から59歳まで5歳きざみで男女それぞれ50人を抽出。60代は男女それぞれ50人抽出)。

●タレントに関する質問項目
A.各タレントの認知について、次の3段階からひとつ選択してもらった。
(1)名前も顔も知っている(2)名前は知っているが、顔は思い浮かばない(3)このタレントを知らない
B.設問「A」で「(1)名前も顔も知っている」と回答したタレントに対して、「そのタレントがテレビ・映画・雑誌・DVDなどに出ていると関心があるか(見たい・聴きたい・知りたい)」を、次の4段階からひとつ選択してもらった。
(1)とても見たい・聴きたい・知りたい(2)見たい・聴きたい・知りたい(3)見たくない・聴きたくない・知りたくない(4)まったく見たくない・聴きたくない・知りたくない


●認知度、関心度、タレントパワースコアの算出方法
認知度:質問Aで、「(1)名前も顔も知っている」と回答した人の割合(%)。
関心度:質問Bで、「(1)とても見たい・聴きたい・知りたい」か「(2)見たい・聴きたい・知りたい」と回答した人の合計値(%)。算出母数は質問Aで「(1)名前も顔も知っている」と回答した人の数。
タレントパワースコア:「認知度」と「関心度」を掛け合わせた値。そのタレントに、どれだけの人たちが引きつけられているか、「人気度」を示す指数。タレントが人々を引きつける力(=タレントパワー)の指標とした。具体的には、「認知度」に「関心度」の加重ポイント(「(1)とても見たい・聴きたい・知りたい」に「(2)見たい・聴きたい・知りたい」の1/3を加えた合計値)を乗じて算出した。
※上記方法で算出した2019年2月時点でのデータを2019年版、18年2月時点でのデータを2018年版としている。タレントパワースコアは小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めてつけた。

(ライター 内藤悦子)

[日経エンタテインメント! 2020年7月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧