オンオフこれ1枚で いま一番使える「高機能」シャツ

LEON

2020/7/6
LEON

着回しを考えれば、シャツだってオン・オフ使える一枚にこしたことはありません。加えて快適さや機能もばっちりときたら、毎朝のように袖を通したくなること請け合いですよね。そんな都合のいいシャツが、実はあるんです!




狙うべきは機能性も風合いも、着回しやすさもオールAな一枚!

キレイめなルックスやインアウト両対応の着丈を備えたオン・オフ自在なシャツは、今や当たり前の存在。コスパを考えても、オン・オフ両用のメリットは見逃せないものがありますからね。しかし、せっかく買うならもう1つ注目すべき要素があります。それは、はずばり、「高機能」。

昨今は上品な顔立ちでいながら、吸水速乾性やストレッチ性といったプラスαの機能を備えたシャツが多彩に登場。内側にポケットを秘めるなど一芸を備えたシャツもあり、旅行や出張時にはこうしたギミックが活躍したりもします。というわけで、以下の着回し実例も参考にしつつ、使えるシャツ選びの参考にしてくださいまし♪

着回しその1

アンコンセットアップと合わせた、軽快なオフィススタイル

▲ シャツ2万3000円/ゴールドウイン(ゴールドウイン 丸の内)、ジャケット6万円、パンツ2万9000円/ともにザ・ジジ(アマン)、メガネ4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、スニーカー13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン)

中に着た白シャツは、コットンとコーデュラナイロンを混紡した、頑強なタイプライター生地の一枚。実は胸の内側にパスポートが収まるポケットを秘めている……というのはさておき、見た目はいたってクリーンですから、アンコンセットアップにもご覧の通りフィット。革靴ライクなスニーカーを合わせれば、最高に楽チン、かつ品のいいオフィススタイルが完成です。

着回しその2

ボーダーニットをアクセントにした、大人の休日スタイル

▲ シャツ2万3000円/ゴールドウイン(ゴールドウイン 丸の内)、パンツ3万7500円/インコテックス(スローウエアジャパン)、ニット2万5000円/ドッピア アー(コロネット)、ベルト3万2000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)、スリッポン1万1000円/ガイモ×アルフレッド・バニスター(アルフレッド・バニスター 代官山店)

セットアップにもハマるクリーンな顔立ちのシャツですから、大人カジュアルに重宝しないはずがありません。ここでは、デニスラやネイビーのエスパドリーユとコーデ。ボーダーニットを仕上げに巻いて、リラックス感と脱力感の双方を併せもつ大人の休日スタイルを完成させました。シャツのドットボタンが、さらりとスポーティなアクセントを添えています。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash