powered by 大人のレストランガイド

外国人に人気の「利き酒」 浅草の教室、コロナに対応世界で急増!日本酒LOVE(22)

緊急事態宣言解除後に行われた握り寿司のレッスン。参加者はマスク着用で、平野さんも飛沫防止用のマウスシールドをし、コロナ感染予防に万全の注意を払う
緊急事態宣言解除後に行われた握り寿司のレッスン。参加者はマスク着用で、平野さんも飛沫防止用のマウスシールドをし、コロナ感染予防に万全の注意を払う

国内外の外国人客らを相手に酒蔵での蔵人体験や料理教室などを開催してきた「茶御飯東京」(ちゃごはんとうきょう、東京・浅草)。2018年からトリップアドバイザーのエクセレンス認証を2年連続で受賞した人気の教室が、新型コロナウイルス終息後をにらんだ対応に追われている。ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保など「新常態」に即したレッスン運営や手法の開発にあれこれ知恵を絞っている。「外国人観光客らの日本文化を吸収したがる半端ない貪欲さに、コロナ後もしっかりと応えたい」。これまでの手応えを踏まえ、主宰者側は人気の日本酒「利き酒」レッスンのバージョンアップなどに意欲を見せる。

コロナ感染拡大に伴う緊急事態事態宣言が5月下旬に解除された直後、さっそく4つのレッスンを申し込んでくれた在日フィリピン人のお客がいたことに、講師役も務める茶御飯東京の主宰、平野雅仁さんは目を細めた。「調理のライブ感に加え、さりげなく日本文化にも触れられる工夫をこらしてきた」従来の取り組みを評価してもらえた気がしたからという。

茶御飯東京は2015年に開講。欧米からの旅行者を中心に、アジア圏など100カ国以上から参加者を集め、日本酒にまつわるレッスンや料理教室を開催してきた。

もともとは輸入ビジネスを手がけていた平野さん。海外の人々と一緒に仕事をする中で、“外国人向けの日本文化を伝える楽しい教室があったらいいのに”と思ったのがきっかけで、新事業として始めることを決断した。

当初はシェフにレッスンを依頼したが、「もっとお客様の心にダイレクトに響くようなレッスンに」と平野さん自ら調理し、英語で説明するスタイルに変更し、現在に至る。主宰の平野さんは実は昨年まで京都で日本酒バーも経営するなど大の日本酒フリーク。日本酒の魅力を海外の人たちにも知ってもらおうと、茶御飯東京でも週1~2回「日本酒テイスティング・レッスン」を開催。時には外国人客と一緒に蔵元まで足を運び、蔵人体験などにも参加してきた。

木戸泉酒造(千葉県)の蔵人体験に外国人の酒仲間と一緒に参加する平野さん

日本酒テイスティング・レッスンには外国人客の参加者も多く、人気を博した。申し込みルートも様々で、オンライン経由での個人客から、旅行会社経由の団体客、ホテルのコンシェルジュ経由など。中でもユニークなのが法人申し込みで、外資系企業や多国籍なスタッフがそろう職場などが、チームビルディングの一環としてレッスンを利用するケースだ。

すし作りと日本酒のテイスティングをセットにしたレッスンをカスタマイズ・オーダーしてくる企業もあった。「みんなで力を合わせないとおいしい料理は作れないから、自然と協力体制ができあがる。仕事はさておき実は料理が得意だったり、日本酒に詳しかったりすると、周囲が驚き、会話が盛り上がる」と平野さん。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト