クックパッドの絵本 読み聞かせ活用して子どもに食育

日経DUAL

おりょうりえほんとレシピシールちょう(写真提供:クックパッド)
おりょうりえほんとレシピシールちょう(写真提供:クックパッド)
日経DUAL

共働きママ・パパには2つの顔がある。家庭では子育てしながら多様な商品やサービスを利用する消費者の顔を、社会ではさまざまなものやサービスの送り手としての顔を持つ。そんな共働きママ視点から生まれた、食育絵本について紹介する。見た目は昔からある「紙の絵本」だが、この絵本を彩るのは「サブスク」など今どきのキーワードだ。

忙しくて食育ができない罪悪感に注目

「食についての正しい知識や料理の方法を娘に伝えなくては、という気持ちはあったのですが、仕事で忙しいとそんな余裕はなかなかありません。プレッシャーだけがどんどん大きくなり、罪悪感を抱えてモヤモヤしていました」。そう話すのは、クックパッドCEO室おりょうりえほんプロジェクトマネージャーの小宇根佳奈さん。

クックパッドCEO室おりょうりえほんプロジェクトマネージャーの小宇根佳奈さん

そんななか、小宇根さんの5歳(当時)の娘が保育園の調理実習でオムライスを作ったと聞いた。「実習当日までの2週間、保育士の先生が、オムライスの作り方についての絵本を繰り返し読み聞かせして、その結果、子どもたちは手順を覚えてしまったそうです。それを聞いて、子どもは、絵本をレシピ本のようにして料理が作れるのだと驚きました」。それが「おりょうりえほん by cookpad」のアイデアの源泉となった。

「自分自身もそうでしたが、子どもに食育がしたいけど『時間がない』『知識もない』と悩んでいる親は少なくありません。ただ、それだけ多忙な毎日を送っていても、寝かしつけの際の絵本の読み聞かせだけは、頑張って取り組んでいる人が多い。新しい習慣を『オン』するのは無理でも、今ある習慣に置き換える形なら、食育もできるのでは、と思ったのがきっかけでした。市場を見ると、絵本のサブスクリプションサービスは存在しましたが、食育に特化したものはありませんでした」

デジタルでレシピを提供してきた企業が「紙の絵本」を作る理由

おりょうりえほんは、月額750円(税抜、送料別で全国一律200円)で毎月1冊のオリジナルの食育絵本が届くサブスクリプションサービス。対象年齢は2歳から6歳。自分でシールを貼ってレシピを完成させる「レシピシールちょう」が付き、購読者は、子どもが実際に1人でそのレシピを基に料理している会員限定動画も見ることができる。

事業を発案した小宇根さんは、前職の食品メーカー時代から、食育の大切さをひしひしと感じていたという。2017年にクックパッドにマーケッターとして転職し、同社の根幹事業である料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」の有料会員の増加策に取り組むことになった。

「将来の会員獲得のためには、若い世代に食や料理への関心を持ってもらうことが必要です。おりょうりえほんのアイデアは、中長期的な視点で子どもにフォーカスしていきたいという会社の方針とも合致しました」。ちなみに、おりょうりえほんの購読者は、クックパッドの有料会員サービス「プレミアムサービス」も利用できる仕組みになっている。

デジタルで多様なレシピを提供してきた企業が、なぜ今、「紙の絵本」を作るのか。「まず、娘の保育園の実例で、子どもにとって、絵本というフォーマットがレシピ本になることが分かりました。また、この事業の開発過程で、100組の親子にヒアリングを実施した結果、多くの親が『スマホ育児』に罪悪感を持っていて、やむを得ずスマホを与えることは現実にあるものの、本音では極力与えたくないと思っていることが分かりました」

それらの親の本音を動画コンテンツ作成にも反映させた。「お出かけ先などで静かにする必要があり、やはりスマホを見せなくてはならない場合もあります。そんなときでも、意味のある内容であれば、親の罪悪感も和らぎます。動画は、あくまでもサブ的な位置付けですが、提供することに意味があると考えました」

注目記事
次のページ
忙しいときに子どもが台所に来ると感じる複雑な本音
今こそ始める学び特集