末続慎吾さん 39歳になっても10秒台で走れた理由元五輪陸上メダリストに聞く(下)

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

2003年の世界陸上パリ大会男子200mで銅メダルを獲得し、2008年北京五輪では4×100mリレーで銅メダルを獲得(優勝したジャマイカチームが失格となり、2018年に銀メダルに繰り上げになった)。200mの日本記録保持者でもある末続慎吾選手は、2019年に39歳にして100m10秒89を記録し、今も現役として走り続ける。現在のトレーニング法や生活習慣について聞いた。

走るトレーニングはほとんどしない

――今も現役選手として日本選手権やマスターズ大会で走っていますが、どのようなトレーニングをされているのでしょうか。

36歳のときにカール・ルイスを指導していたトム・テレツコーチに教わってから(前回記事「末続慎吾さん 休養宣言後に『週1回バーで人間観察』」参照)、やらなくていい練習が分かってきて、トレーニングの数を減らすことができました。ここ数年は、さらに練習が合理的になりました。

短距離選手の場合、20代で、走る技術が完成されてくると同時に体力も落ちていきます。短距離のトレーニングはとても激しいので、30代に入ってから20代の頃と同じトレーニングをするのは厳しいし、ケガをするリスクも高まります。1つの練習に集中することも大事ですが、陸上は単調なトレーニングが多いので、飽きてきてモチベーションが低下しがちになる。ですから、最近はトレーニングを合理化し、いかに飽きないようにするかを意識しています。実は、グラウンドで走るトレーニングはほとんどしていません。ですが、昨年(2019年)の全日本マスターズ陸上大会で、M35(35~39歳)の100mの大会新記録10秒89を出すことができました。

――走らずに10秒台が出ることが信じられないのですが、走るトレーニングの代わりに、何をするのでしょうか。

走る技術は身についているので、自分が興味のあるサーフィンや総合格闘技、空手といったほかのスポーツの要素から、走るためのトレーニングにつなげています。例えば、当たり前ですが短距離走は平らなトラックを走ります。一方、サーフィンは、不規則極まりない波の上でバランスを取りながら波に乗らなければいけない。瞬時に肩や上半身を動かしてバランスを保ちながら行きたい方向にボードを向けることで、普段使っていない体幹や反射神経を鍛えられます。

そんなトレーニングのおかげなのか、昨春、100m走の最中に右足のふくらはぎを肉離れしそうになったとき、瞬時に左肩を動かして右足の着地の仕方を変えて、肉離れを防ぐこともできました。

総合格闘技では人と組んで練習するよりも、「締める」「打つ」「投げる」といった型の練習をすることが多く、様々な動きからいろんな筋肉を使います。また、サーフボードに乗ってバランスを保ちながらキックボクシングに取り組むなど、飽きないように楽しみながら体を鍛えています。

――それだけで100m走りきれる体力は養えるのでしょうか。

キックボクシングを3ラウンド3セットやったり、サーフィンを2時間やったりするので、体力はかなり消耗します。心肺機能や筋持久力、基礎体力を落とさないようにすることはできると思います。

ただ、それらの運動だけで補えないのが筋力です。加齢とともに筋力は落ちてきたので、最近、フリーウエイト(ダンベルやバーベルを使った筋トレ)を始めました。やりたくなったらやるというスタンスですが、若い頃のように集中力も続かないので何種目もやりません。今日はスクワットと決め、1種目だけに集中する。筋肥大させるというより、筋肉に刺激を入れるというイメージでしょうか。自重の2倍となる130kgの重量でハーフスクワットを10回ほどやります。セット数は決まっていなくて、空腹を感じたらやめます。

最近は練習よりも指導の方が忙しく、人に教えることから得られる学びも僕の走りにつながっているように思います。

「集中力が続かないので、筋トレは1種目だけに集中して行います」

――陸上教室ですか?

いろんなパターンがありますが、小学生とお父さんやお母さんといった親子に教える教室を主宰しています。やってみて実感したのは、大人に教える方が簡単で、子供に教えるのは本当に難しいということ。「腕を振るときは、肘の角度を90度にしなさい」というアドバイスも子供は理解しにくいので、どうすれば分かってもらえるかと考え、「手をパーに開いて…」というところからかみ砕いて説明し、実際に自分の動きを見せます。大人に教えるよりもアウトプット量が多く、試合とは違った緊張感があり、頭も体も疲れる。でも教えることで、走るときに姿勢を真っすぐに保つことがどれだけ難しいかなど、走るための体の動かし方を僕自身も再認識でき、有意義な時間になっています。

不定期ですが、五輪を目指す選手にもマンツーマンで指導をしています。棒高跳びといった専門外の選手もいて、技術というよりも五輪を目指すメンタル面といった、僕の五輪へのプロセスや哲学などを伝えています。こうした時間も僕自身の学びになっています。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
お菓子が食べたくなるのはストレスがたまっているから
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント