末続慎吾さん 休養宣言後に「週1回バーで人間観察」元五輪陸上メダリストに聞く(中)

日経Gooday

今も現役として走り続ける末続慎吾選手。一度競技から離れた後、復活するまでの間、どのように過ごしていたのかを聞いた。
今も現役として走り続ける末続慎吾選手。一度競技から離れた後、復活するまでの間、どのように過ごしていたのかを聞いた。
日経Gooday(グッデイ)

2003年の世界陸上パリ大会男子200mで銅メダルを獲得し、2008年北京五輪では4×100mリレーで銅メダルを獲得(優勝したジャマイカチームが失格となり、2018年に銀メダルに繰り上げになった)。200mの日本記録保持者であり、今も現役として走り続ける末続慎吾選手だが、北京五輪が終わった後、手の震えが止まらなかったり、走ることにモチベーションが上がらなかったりして、無期限の休養に入る。一度陸上競技から離れた彼が、どのようにして9年かけて日本選手権の舞台に戻ってきたのかを聞いた(前回記事は「末続慎吾さん 39歳の今もプロ陸上選手として走る理由」)。

週1回、ウーロン茶片手にバーで人間観察

――休養宣言をされた後、地元熊本に戻り、どのような生活をされていたのでしょうか。

たくさんの人に会いました。僕が今まで生きてきた陸上人生の枠では出会わなかった人たちに。例えば、バーを50年経営されているオーナーに出会い、「君はね、走ることばっかりやっていたから、もうちょっと人間を見た方がいい」と言われました。そこで週1回、お店の席に座って、訪れるお客さんを眺めながら人間観察をしていたんです。ウーロン茶を片手に(笑)。するとどんな職業の人が酒癖が悪いのかが分かるなど、世の中の縮図を見ることができました。

そんなことを続けているうちに、みんなさまざまな悩みを抱えていて、それでも楽しく生きている人もいると分かってきた。そして、自分ももっと楽しんで生きていいんだと思えました。義務のように店に足を運んでいましたが、人の人生に触れることは僕自身も楽しかったし、視野が広がった。あのとき本当に通ってよかったと思います。

――さまざまな人生を垣間見て、多角的な視点を得られることができたと。

それまでの僕の人生は、目標が明確だったんです。五輪や世界選手権で金メダルや銀メダルを取る。そこから逆算して予定を立て、日々やることを決めていく。目標に向かうという分かりやすくて楽しい面がある一方で、分かりやすい生き方は逃げ口がないから怖い面もある。僕はそれを肌で感じていました。

競技から一度離れたことで、明確な目標がなくても迷いながら模索していく方が肩の力を抜いて生きられるのだと分かりました。何が生まれるか分からないからクリエイティブで楽しい生き方ができるかもしれないと。

復帰した試合で中学生が速そうに見えた

――どれくらいの期間を経て、また何をきっかけに競技に復帰されたのでしょうか?

約1000日ですね。3年近くかかりました。ある日、テレビをつけると、陸上の日本選手権が放送されていて、レースを見ながら「俺だったらこうするな」とぽろっとつぶやいた自分に気づいたんです。「ああ、俺、走りたいんだ」と思いました。その日をきっかけに競技に戻り、スパイクに足を入れました。2011年6月12日のことでした。

――その3年間はトレーニングをされていた?

競技の世界には戻りたくない自分と、「いつか復活してやる」といった負けず嫌いの自分がいて、練習場所には行けなかったけど、気分転換に近所をジョギングしたり、ウエイトトレーニングをしたりして自主練習はしていました。

――復帰戦はどんな気持ちでしたか?

その年の10月、地元である熊本の市の記録会に出場したのですが、見たことのない新作のスパイクを履いている中学生を見て、彼らが速そうに見えましたね(笑)。「しばらく走らないと素人みたいになるんだな」と思いました。「いつから俺は偉くなったと思っていたんだろう。所詮、俺はそれぐらいの人間なんだ」と。

「新作のスパイクを履いている中学生が、速そうに見えました」

復帰戦のタイムは10秒87でした。長年構築してきた技術がなくなったようで、どうやって走れば10秒03のタイムが出たのか分からなくなっていました。練習で一つひとつ動きを試しながら、手探りで自分の走りを取り戻すような日々を過ごしました。

結局2012年のロンドン五輪には出場できず、所属していた会社の要望に応えられない自分にも納得ができなかったので、2015年にお世話になったミズノを退社しました。その後、通信制の星槎大学などを運営する星槎グループのサポートを受け、プロアスリートとして活動を始めました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
トム・テレツコーチに指導を受けた2週間
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント