powered by 大人のレストランガイド

おうち時間でふりかけ再評価 「ゆかり」は実は3姉妹

ロングセラー赤シソのふりかけ「ゆかり」=PIXTA
ロングセラー赤シソのふりかけ「ゆかり」=PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急事態宣言が全都道府県で解除となったが、自宅で過ごすことを推奨する「stay home」「おうち時間」の流れはしばらく続きそうだ。「おうち時間」で昨今注目を浴びているのが「ふりかけ」である。

日持ちして、サッとかけるだけでおいしくご飯が食べられる。1日3度の食事の支度や買い物に頭を悩ませる人にとって、ふりかけはまさに救世主だ。今回はふりかけの定番「ゆかり」と、ちょっとゼイタクなふりかけ、その変わったおいしいアレンジレシピなどを紹介しよう。

コロナの影響でふりかけの販売が好調だという。赤シソのふりかけ「ゆかり」で知られる三島食品(広島市)によれば「弊社は市販用と業務用の両業態へ商品販売しています。市販用は家庭内食の増加などにより、ふりかけの実績が対前年比104%強で推移しています」とのこと。

売り上げがアップしているのは「おうち時間」の影響もあるが、同社のユニークな商品ラインアップが注目されていることも大きい。定番の「ゆかり」が実は「3姉妹だった!」とネット民の間で話題になっているのである。

「ゆかり」が誕生したのは今からちょうど50年前の1970年。

「梅干しと一緒に漬けられた赤シソを刻んだものが東海エリアでよく売れていたことから、ある社員が社長に提案したのがキッカケです。社長ははじめ断っていましたが、その社員が1年間言い続けたことに根負けし、『漬物ではなく、ふりかけだったら開発してもよい』とOKを出しました。納得する品質になるまで試行錯誤を重ね、商品化できるまで1年かかりました」(三島食品お客様相談室)

発売当時はふりかけといえば魚粉などの動物性原料を主体にしたものばかり。原材料が植物のみの「ゆかり」はなかなか売れなかったとのこと。それが学校給食で導入されるようになり、子どもたちが給食で食べた「赤いごはん」を家でも食べたいという声が広まり、徐々に売れるようになったという。

赤シソのふりかけ、三島食品の「ゆかり」
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト