衣類もカラッと 乾燥除湿機は「1年中使用」で選ぶ

梅雨に入ると洗濯物を外に干せず、部屋干しする機会が増える。しかし部屋干しは衣類が乾きにくくなるだけでなく、部屋の湿度が上がってカビが発生しやすくなったり、洗濯物から生乾き臭が発生したりするなど問題も多い。そんなときに活用してほしいのが、衣類乾燥除湿機だ。4月以降、続々と登場した有力メーカーの新モデルを中心に衣類乾燥除湿機を紹介する。

扇風機よりカラッと乾く

衣類乾燥除湿機は、空気中の湿気を取り除きつつ衣類に乾燥した風を当てることで、洗濯物の乾燥を促す機能を搭載した除湿機。パナソニックによると、部屋干しした洗濯物の4時間後の残水量は、自然乾燥で72%、扇風機を当てると59%であるのに対し、衣類乾燥除湿機を使用すると4%まで減少するという。

製品選択の一番のポイントは除湿機の方式。「コンプレッサー方式」「デシカント方式」と2種類あり、それぞれメリット、デメリットがある。コンプレッサー方式は、コンプレッサーで空気を冷却し、その温度差で結露させることで水分を回収する。温度差が大きい夏に高い除湿能力を発揮するが、冬には弱い。一方のデシカント方式は、デシカント(ゼオライト)と呼ばれる吸湿剤に空気中の水分を吸着して除湿する方式。吸着した水分はヒーターで蒸発させ、さらに熱交換器で冷やして結露させることで、水分を回収する。低温下でも能力が落ちず一年を通して使えるが、ヒーターを使うため消費電力が多くなる。さらに、この2つの方式を組み合わせた「ハイブリッド方式」も登場している。

センサーがぬれた場所を見つけて乾燥 三菱電機

光ガイドがぬれた場所を照らす三菱電機のコンプレッサー方式衣類乾燥除湿機 サラリ「MJ-M120RX」。実勢価格は5万5000円前後(税込み。5月下旬、家電量販店のネットショップで確認。以下同)

三菱電機が4月21日に発売したコンプレッサー方式衣類乾燥除湿機「MJ-M120RX」は、三菱独自のセンサー機能「部屋干し3Dムーブアイ」を搭載。「赤外線」「温度」「湿度」の3つのセンサーが洗濯物の状態を検知し、広範囲に送風した後、乾き残り部分にのみ送風することで、効率よく衣類を乾燥させる。「部屋干し3Dムーブアイ」が見ている場所は「光ガイド」が照らすため、乾燥状況もわかりやすい。

「部屋干し3Dムーブアイ」が乾き残りを見つけてその部分を乾かすので、すでに乾いている場所に風を当てる無駄がなく、省エネにもつながる

新たに搭載されたのは、布団を乾燥させる「ふとんサラリモード」。広範囲に遠くまで送風する「ワイド&ロング気流」は下吹きもできるため、敷いた布団の乾燥にも使える。また少量の衣類を高速ドライ風で集中乾燥させる「ズバッと乾燥モード」は、子どもの体操服や給食着、上履きなど急いで乾かしたいものがあるときに便利だ。

日中家にいないときに乾燥しておけば、夜は気持ちよく乾燥した布団で眠れる

送風範囲は左右180cm(吹き出し口前方100cmにおいて)。1回で乾燥できる洗濯物の量の目安は約6kg。集合住宅(コンクリート・軽量コンクリート)洋室の除湿面積の目安は、~28畳/~30畳(50Hz/60Hz)。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ヨコ型設計で洗濯物の真下に置ける パナソニック
MONO TRENDY連載記事一覧