Magic Keyboardはとても打ちやすい

Magic Keyboardは、iPad Pro専用のオプション品で、11インチと12.9インチのそれぞれのモデル向けに発売されている。作りは非常に凝っている。iPad Proを磁石で取りつけて、宙に浮かすような形で利用する。ただし、角度調整の幅がそれほど大きくないのは残念なところ。机上で使うには文句なしだが、膝の上に置くとやや画面が見づらい。

Magic Keyboardは、アップルらしく複雑な造形だが完成度は高い

Magic Keyboardのキーボードは、ノートPCの「MacBook」が搭載するキーボードと基本的に同じ設計で非常に打ちやすい。トラックパッドも操作しやすく、確かにPCに近い操作が可能になる。

Magic Keyboardのキーボードは非常に打ちやすい。トラックパッドも付属している

トラックパッドの恩恵を感じるのは、ブラウザーでウェブサイトを閲覧したり、動画を見たりするような作業よりも、ワープロや表計算を使う際の範囲指定といった緻密な作業をするときだ。画面をタッチ操作するよりも使いやすく感じる。特に、アップル製の表計算アプリ「Numbers」は、いち早くトラックパッド操作に対応しており、まさにPCと同じ感覚で利用できる。

マイクロソフトの表計算アプリ「Excel」なども遠くない将来、トラックパッド操作に対応するだろう。それによりiPad ProとPCの違いはより少なくなる。ただし、iPad ProではExcelのマクロや業務用アプリは利用できないので、仕事用としてはある程度の割り切りが必要になる。

アップルの表計算アプリ「Numbers」をMagic Keyboardのトラックパッドで操作しているところ
次のページ
キーボードからの充電も可能だがやや重い