powered by 大人のレストランガイド

国内外に吟醸ブーム広めた立役者 山形・出羽桜酒造世界で急増!日本酒LOVE(21)

外国人に吟醸酒をアピールする出羽桜の仲野益美社長(右から2番目)
外国人に吟醸酒をアピールする出羽桜の仲野益美社長(右から2番目)

「吟醸(ginjo)を世界の言葉に!」をテーマに、1997年から海外輸出をスタートさせたのが、創業1892年の出羽桜酒造(山形県天童市)だ。現在は米国・英国・香港・豪州など約30カ国・地域に日本酒を輸出している。当時国内では、同社が吟醸酒ブームのきっかけを作ったことで、空前の吟醸人気に沸いていた。だが海外では、熱燗(かん)で味わう大手の酒などが知られていただけで、輸出される地酒はごくわずかだった。

もともとドイツ・フランスなどヨーロッパ各地に出羽桜のファンがおり、まずは愛好者らへ個別に輸出することからスタートした。99年からは全米に進出し、海外展開に本腰を入れた。ハワイ在住のビジネス・パートナーがディストリビューター(酒を輸入し、現地の酒販店などに卸す仕事)としてハワイやサンフランシスコ、ニューヨークなど全米主要都市で酒の販売を始めた。現在はアジアや南米、中東にも輸出し、海外輸出は同社の売り上げの約10%を占める。

出羽桜はいま、世界でも認められ、2008年には世界最高峰の酒類品評会「IWC2008インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で、「出羽桜 一路」(純米大吟醸)がSAKE部門の最高賞「チャンピオン・サケ」に輝く。さらに2016年には同品評会にて、「純米酒 出羽の里」が同じく「チャンピオン・サケ」を受賞。同じ蔵が世界一の称号を二度も受賞するという史上初の快挙を成し遂げ、国内でも全国新酒鑑評会で12年連続で金賞を受賞している。

ドイツ・デュッセルドルフで日本酒を売り込む仲野社長(一番左)

出羽桜は吟醸酒を発売して、今年で40周年を迎える。生酒、スパークリングなど様々な日本酒を揃(そろ)えているが、出荷量全体の約7割を吟醸酒(精米歩合60%以下の大吟醸と吟醸)が占める。山形の厳しい冬の寒さが、低温長期発酵の“吟醸造り”に適していることもあるが、蔵元4代目の仲野益美社長は、「昔からの蔵の教えに、“オーナーも自ら製造に関われ”というのがあり、技術継承のため、高度な技術と強靭(きょうじん)な精神力を必要とする吟醸造りに長年励んでいるから」と説明する。

約40年前と言えば、主流は純米酒や淡麗辛口の酒。「吟醸酒は軽すぎる、キレイすぎる」といわれ、あまり売れない時代だった。「時間をかけて酒米をぜい沢に磨き、低温でじっくり醸す吟醸造りだから、蔵にはピンと緊張感が張りつめる。技術の伝承のみならず、緊張を蔵に保つ意味でも、蔵人たちにとって神秘的な吟醸造りはとても大事なこと」と仲野氏は指摘する。

同社は「吟醸酒こそ、日本酒復権の切り札」と信じ、日本酒低迷期にもこん身の吟醸酒を作り続けてきた。それまで吟醸酒は“品評会のために造られる高価で特殊な酒”だったが、一般の人々にも楽しんでもらいたいと、一級酒より安い「桜花吟醸酒」を発売。すると「フルーティーな香り、淡麗でふくよかな味わい」と高い評価を得て、瞬く間に地酒界に君臨した。吟醸ブームとともに出羽桜ブランドを全国に確立させ、結果として海外へも吟醸を浸透させるに至った。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド