コロナで変わる家事分担 在宅勤務の夫がワザを磨く

家事代行サービスを頼みがてら掃除のコツを教えてもらう加藤たけしさん(左)=東京都新宿区
家事代行サービスを頼みがてら掃除のコツを教えてもらう加藤たけしさん(左)=東京都新宿区

3月以降、在宅勤務が急速に広がった。外出自粛要請で家族が自宅で過ごすようになり、家事や育児の負担は増えている。共働きなら条件は同じ。夫婦の家事育児の分担を見直す時機が来た。

4月中旬の平日。東京都内在住の会社員、加藤たけしさん(36)は仕事の合間をぬって立ち上がり、自宅フローリングをササッときれいにした。「汚れがこびりつく前に簡単な掃除をしたほうがいいと聞いた。一気にするより時短につながっている」と話す。

政府の緊急事態宣言を受け、4月から加藤さんは完全な在宅勤務に切り替わった。子供が通う保育園は休園になり、育児休業中の妻は生後4カ月の次男の世話で手いっぱい。テレビ会議をはじめとした仕事の効率を高めるために無線のマイク付きイヤホンを購入したが、「育児の負担が増えたなかで、何とか仕事時間を確保している状況」だ。食事は割り切ってテークアウトやデリバリーも利用する。

「家事は手抜き。風呂掃除はほとんどできていないし、掃除機も使っていない」という。それでも加藤さん家族が健康的な生活ができるのは以前、毎月1回程度利用していた家事代行サービスのCaSy(カジー、東京・品川)スタッフから学んだ「こまめな掃除」の教えを実践しているからだ。「入浴後は、使ったタオルで蛇口や浴槽、床の水気を取る」「トイレの汚れはこまめに落とす」。加藤さんは「新型コロナの後も在宅勤務の働き方は変わらないだろう」と先を見据える。

今まで多くの夫にとって家事や育児は参加し、手伝う程度だったかもしれない。しかし状況は一変。野村総合研究所が3月に実施した「新型コロナウイルス感染症拡大と働き方・暮らし方に関する調査」では夫婦共働き世帯の30、40代の夫1292人で「担当する家事の量や頻度が増えた」とした割合は24.5%。育児の負担も同1000人中、27.7%が増えたと答えた。

在宅勤務で初めて気づいた家事や育児の負担はあるはずだ。スマートフォン向け献立アプリのミーニュー(岡山市)が3月末、20~40代女性(東京都のほか、神奈川県など3県の計600人)を対象にした調査では、在宅勤務や学校の臨時休校で「家事が増えた」と答えた全体の約4割中、半数近い人が負担に感じる家事としたのは「献立を考えること」「料理」だった。

注目記事
次のページ
行動変えるきっかけに ~取材を終えて~