powered by 大人のレストランガイド

コロナ後に足を運びたい 東京で勢いあるウワサの2店

東京都内でも屈指のラーメン激戦区、亀有エリアに店を構える「ののくら」
東京都内でも屈指のラーメン激戦区、亀有エリアに店を構える「ののくら」

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う非常事態宣言で、不要不急の外出がままならない状況が続いている。そんな中、今回のコラムではこれまで私が訪れた東京都内の行列店の中でも、えりすぐりの2店を紹介することにしたい。テレビ東京のドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」放送記念特別企画として開催中の「ラーメン・レシピ・コンテスト」(主催:日本経済新聞社、協力:テレビ東京)で私は審査員の一人だが、この2店は「行列の~」に登場する店舗に勝るとも劣らない人気店。コロナ問題が終息した暁には是非、足を運んでみていただきたい。

手打式超多加水麺ののくら【亀有】

店主は、実力店『九段斑鳩』の出身。オープンから2年余で、東京東部エリアを代表する名店に

都内でも屈指のラーメン激戦区として知られる、葛飾区の亀有エリア。名店としてその名を轟(とどろ)かせる『つけ麺道』、ご当地麺「和歌山ラーメン」の実力店『まる岡』など超一線級の実力店がひしめき、激烈な生存競争を繰り広げている。

2017年12月、同エリアにオープンした『手打式超多加水麺ののくら』も、紛れもなく、亀有を代表する実力店のひとつに数えられるだろう。

店主・白岩蔵人氏は、都内を代表する名店『九段斑鳩』で腕を磨き、独立。「私にとってお店は大切な存在なので」と、屋号は、店主の名(蔵人)と娘の名から採った。

メニューの主軸は「中華そば」の「塩」「醤(しょう)油」の2本柱だ

店主のラーメンづくりに対する姿勢は、極めて真摯だ。「オープンから2年数カ月がたちましたが、振り返ってみれば、よりおいしいラーメンを作ることばかりを考えてきたような気がします。レシピを改善した回数は優に100箇所を超えているのではないかと思います」

オープン当初、店主は「スープ、麺はもちろんトッピングに至るまで、絶対に疎(おろそ)かにせず、自分の全力を注ぎ込んでいきたい」と語っていたが、まさに有言実行を貫いている形だ。

開業当初から、限定メニューの提供やメニューの拡充はほとんど行わず、現在も、メニューの主軸は「中華そば」の「塩」「醤(しょう)油」の2本柱。

スープは、数種類の煮干し・鰹(かつお)の削り節・うるめ節・昆布などから採った魚介出汁(だし)と、老鶏の丸鶏・鶏ガラから採った出汁とをブレンド。「塩」には、カドが取れた口当たりまろやかな塩ダレを用い、出汁の存在を高らかにフィーチャー。他方、「醤油」は生揚げ醤油に本味醂(みりん)の甘みを寄り添わせた主張の強いタレで、出汁とダイナミックに拮抗させる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
次のページ
宍道湖しじみ中華蕎麦琥珀(こはく)【雑色】
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト