持てば「格」が上がる リーダーの靴とかばん

MEN’S EX

2020/5/15
MEN'S EX

着こなしが魅力的な人は必ず靴や鞄使いが巧みだ。時には装いに格を持たせ、時には洒落感のアクセントに。靴や鞄という脇役こそ、スタイルの決め手になることを忘れてはいけない。仕事では上級職に相応しい格や存在感を示し、見映えの良さを導くものを。




譲れないのは……靴の風格と鞄の貫禄である。

エグゼクティブの前提として装いの格は欠かせない。靴ならばビスポークのように作り込まれた佇まいの風格を感じさせるものを。鞄ならば重厚感あるロック金具仕様で貫禄のあるレザーブリーフを。上級職に相応しい威厳は靴・鞄選びから生まれる。

EDWARD GREEN(エドワード グリーン)
流麗なフォルムに揺るぎない風格が宿る

真紅のライニング、カラス仕上げなど、よりドレッシーに仕上げたトップドロワー仕様の上級別注モデル。既製とは思えぬ意匠の見所は以下の3点。絞り込まれたベヴェルドウエストから繋がり、立体的なフォルムを作るフィドルバック。僅かに傾斜を付けたピッチトヒールからもエレガンスが薫る。いずれも高い技術を必要とするビスポーク由来の意匠だ。 42万円(トレーディングポスト青山本店)

PERFETTO(ペルフェット)
絞り込まれた究極のウエスト美

スマートなスクエアトウのラストを使ったブラウンのセミブロ―グ。ソールはベヴェルドウエストに仕上げられ、エレガントな雰囲気が漂う。コバの張り出しを抑えた美しさもビスポーク靴に通ずる。 8万2000円(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)

GAZIANO & GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)
注文靴意匠×モダンな色気

このブランドを語る上で、外せないのがこのソールだ。半カラス仕上げのフィドルバックは既に代名詞ともなっている。なかでも、ラスト「TG73」のこのスクエアトウは、全体的なシャープさと相まって英国の注文靴に通ずる美しい表情を魅せる。 20万円(伊勢丹新宿店)

CAMILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)
存在感ある黒シボ革にシルバーのロックが映える

美しい凹凸あるカーフのシボ(トリヨンレザー)や、光沢を上品に抑えたロック金具が存在感を放つ。ブランドの象徴ともいえる時計ベルトの剣先のデザインも特徴だ。内装は山羊革(シェーブル)を使用。マチに対し1室構造なら重厚になりすぎず現代のドレススタイルに持ちやすい。他のカラーや素材でのオーダーも可能。縦30×横38×マチ7cm。 45万円(カミーユ・フォルネ 銀座本店)

CROOTS(クルーツ)
継ぎ目のない一枚革の極薄ブライドルレザー

1978年、英国で創業した質実剛健なつくりを得意とするクルーツ。ブライドルレザーを全面に用いた贅沢な、職人による一枚革仕立てだ。薄くてもヒビ割れしにくい革の性質を生かした軽さも使い勝手◎。縦27×横37×マチ4cm。 5万8000円(ビームス 六本木ヒルズ)

ORUTUS(オルタス)
コバ仕上げで魅せる上品な佇まい

銀座に店を構える鞄職人、小松直幸氏による一枚革のボックスカーフで仕上げられたブリーフ。染料を塗りサンドペーパーをかけ、熱で溶かした蝋を塗るコバ処理など、手仕事の作りに定評がある。金具は自社工房オリジナル。縦30×横41×マチ6cm。 42万円(オルタス)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram