30年ぶりの新型 ソニープロ向けヘッドホン(上)「年の差30」最新AV機器探訪

ソニーのスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」(左)と「MDR-CD900ST」(右)
ソニーのスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」(左)と「MDR-CD900ST」(右)

ソニーが新たなスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」を2019年に発売した。ソニーがスタジオ用モニターヘッドホンの新作を発売するのは、1989年の登場から数多くのスタジオで採用されてきた定番モデル「MDR-CD900ST」以来、30年ぶりとなる。MDR-CD900STの後継機として紹介されることも多いMDR-M1STだが、実はまったく新たなモデルとして作られたという。開発に携わった3人に、製作の背景やこだわりを、平成生まれのライターと、昭和世代のオーディオビジュアル評論家が聞いた。

「良い音」の基準としてのモニターヘッドホン

小沼理(28歳のライター) 今回は2019年ソニーが発売したモニターヘッドホンMDR-M1STの取材のため、ソニー・ミュージックスタジオ に来ています。

小原由夫(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家) モニターヘッドホンとは、主にミュージシャンがスタジオなどで音楽制作のために使うヘッドホン。市販のものと違って音の一部を強調するような味付けがなく、原音に忠実なのが特徴です。30年近く前にソニーが発売したMDR-CD900STというモニターヘッドホンがありますが、これは日本の多くのスタジオで使われているヘッドホン。その意味では、MDR-CD900STがミュージシャンの音作りの基準になっていると言えます。そしてそのソニーが新たなモニターヘッドホンを発売したというので、取材に来たわけです。

小沼 今日は実際にMDR-M1STの製作に携わった3人の方にお話をうかがいます。

左から松尾さん、潮見さん、徳重さん

松尾 ソニー・ミュージックソリューションズ ソニー・ミュージックスタジオ レコーディングエンジニアの松尾順二です。私はエンジニアの代表として、音作りや装着感など、実際に製品を使用するスタジオ側の意見を取りまとめています。

潮見 ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツの潮見俊輔です。私は「アコースティックエンジニア」と呼ばれていて、コンシューマーも含めたヘッドホンの設計を入社以来10年以上担当しています。MDR-M1STでは音響設計を担当しました。

徳重 ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツの徳重賢二です。私はプロジェクトマネージャーとして、今回のMDR-M1STの商品設計を担当しました。ソニーミュージックとの協業や新しいモニターヘッドホンの製作という貴重な機会に関わることができてうれしいです。

小原 2社が一緒にヘッドホンを作ることは珍しいんですね。

潮見 意見交換することはありますが、基本的にコンシューマー向けの製品は弊社単独で設計しています。 ただ、今回はスタジオで使われることを前提にしているので、録音エンジニアやミュージシャンの意見を尊重して設計しました。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
完全な別モデルとして、30年以上使われるものを
MONO TRENDY連載記事一覧