バーチャル旅行のすすめ 3つのアイデアで旅気分満喫

期間限定で旅にまつわる情報を無料でゲットすれば、バーチャル旅行が楽しめる
期間限定で旅にまつわる情報を無料でゲットすれば、バーチャル旅行が楽しめる

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などを受け、ゴールデンウイークの旅行をキャンセルしたり、外出を控えたりしている人も多いだろう。人混みなど「3密」を避けることが感染阻止には有効だが、これまで気ままな旅をしてきた身には、この閉塞感が辛い。ここは一つ、発想を変えて、家に居ながら旅の気分が味わえるちょっとしたアイデアを紹介してみたい。

家で椅子にゆったりと腰かけて、ガイドブックや観光ビデオなどを眺めながら旅気分を味わう人たちを“アームチェア・トラベラー”という。ガイドブックのページをめくりながら、次はどこへ行こうかといった候補地選びに加え、知らなかった歴史にひかれたり、有名観光地の周辺にとっておきの場所を見つけたり。バーチャルな旅ならではの発見が実は意外に楽しかったりする。

海外旅行ガイドブックの「地球の歩き方」が2020年5月31日までの期間限定で主要5シリーズ全185タイトルの電子版読み放題サービスをAmazon Kindle Unlimitedを利用して行っている。Amazon Kindle Unlimitedは、初回30日間が無料(以降は月額980円=税別)なので、このサービスを利用すれば、お金をかけずに旅気分が味わえる。

JTBパブリッシングも「るるぶ情報版」国内・目的別・海外シリーズ電子書籍200点を2020年4月26日までの期間限定で同社の出版情報サイト「旅の本棚」掲載の「るるぶ情報版」の「試し読み」機能で全ページを公開している。

情報量たっぷりの旅行ガイドは、次の旅の目的地を調べるつもりで見始めたつもりが、気がつくと何時間も読みふけってしまっているなんてことも。リアルな旅行に出かる時も、バーチャルな旅を始める際にも、もってこいのアイテムだ。

ホテルと同じアロマのグッズを購入すれば、滞在した時の記憶が蘇ってきそうだ

ホテルを訪れるとふんわりと漂ういい香り。そんなホテルのアロマに癒(いや)され、その香りを感じると、滞在の記憶が蘇(よみがえ)る、という人もいるだろう。ルームスプレーや香りを拡散させるディフュザー、バスアメニティなどにも共通の香りを用い、それらを商品化しているホテルも少なくない。

訪れた際の安心感や再訪による懐かしさを感じてもらおうと世界中、同じ香りを採用しているのがウェスティンホテルだ。ホワイトティー(白茶)の茶葉をベースに杉のウッドチップやゼラニウム、フリージアの花々、それにバニラやムスクの香りが深みを与え、とても落ち着く香りになっている。

注目記事