あっこゴリラ 「才能ない側」から自己肯定感を爆アゲ

日経doors

ラッパーのあっこゴリラさん
ラッパーのあっこゴリラさん
日経doors

読売テレビの番組企画「御社のMVつくります」で誕生した日経WOMAN編集部のMV(ミュージックビデオ)に、自身の楽曲『余裕』を提供してくれたラッパー・あっこゴリラさん。最新EP『ミラクルミー』の中では「自己肯定感爆アゲ」をテーマにした楽曲を発表しているものの、かつては「自己肯定感が地にめり込むほど低かった」と語ります。考え方が変わったヒントはどこにあるのでしょうか? 自己肯定感、フェミニズム、そして音楽。彼女を形作るキーワードを基に、その人生をひもときます。

私は「才能がない側」の人間だった

現在31歳のあっこゴリラさんが音楽活動を始めたのは20代前半。同じ美容専門学校に通っていた女友達と2人組のバンドを結成し、小学校時代に遊びで経験していたドラムを担当。「シンガーソングライターのボーカル」と「ドラム」という2人組で活動するうちに「才能がある側とない側」でポジショニングされているように感じた。

「『私はダメなんだ』と思っているうちに、言いたいことが言えなくなって、自分の意思や本当の感情もまひして分からなくなる。バンドが活動休止したときは、心が壊れている状態に近かったですね。誰にも認めてもらえない、居場所がない、自分も人も信じられない。その自分の気持ちの確認作業をするように、『愚痴のラップ』を始めました」

これまでため込んでいたものを解放するように、誰に聞かせるわけでもなく、彼女はラップの宅録(自宅での録音)を始め、自分の思いをラップを通して確認していった。

ラップは「究極の自己カウンセリング」

時を同じくして「休止中のバンドを忘れられないでもらうためにできることはないか」という理由で、ソロでラッパーとしてライブ活動を始めた。バンドが正式に解散したのは2015年、自身が26歳のときだった。

「ライブのオファーも仕事もない、お金もない、なんにもない。その上、自分をずっと才能がない側だと思って生きてきたので、自己肯定感も地底にめり込んでる(笑)。でも、悔しくて、絶対に負けない、見返してやるという気持ちが強くありました」

そこからは「バイトはしない」と決め、手当たり次第に多くの人に会いに行き、ライブハウスやクラブ、時には誰かの誕生日パーティーで、ソロのラッパーとして毎日のようにライブを続けた。「今日のメシ代を稼ぐ!という思いで、自作のCDも売りまくりました」。

注目記事
次のページ
自己肯定感は「積み重ね」でしか生まれない
今こそ始める学び特集