「若いビジネスマンは、やはりトラッド靴を履きなさい」

美しい色調の靴は同素材、同カラーでベルトもそろう

若松「色にこだわった靴もそろえています。こちらの艶っぽいグリーンはカジュアルスタイル。グレー系のグラデーションもこだわりの色。いずれもシーズンカラーの靴で、同素材、同色でベルトを出しているんです」

石津「僕は選ばない色だけど、これは色で勝負っていう靴だね」

――いまの先生の気分で履きたい靴はどれですか。

石津「軽くて歩きやすそうなこちらかな。足に近い形になっているし。僕は歩きやすい靴を求めている間に、中敷きに詳しくなりました。最終的には100円ショップで手に入る、自分の足に合わせて切って使うフェルト素材に落ち着きました。あれは便利だよ」

リーガル日本橋店長の渡辺徹さんと靴選びする石津さん。カジュアルなひも靴は手にすると驚くほど軽い

「親父(石津謙介氏)もね、最初は服に合わせてイタリアの靴を履いていました。年齢を重ねてからはドイツの機能性シューズに変えましたけど。デザインを抜きにして、いま靴を買うとなれば、こんな機能的な平たい靴に落ち着くよ。ただ、若いビジネスマンにはやはり、トラッド靴を履きなさいとすすめます」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)

石津祥介
服飾評論家。1935年岡山市生まれ。明治大学文学部中退、桑沢デザイン研究所卒。婦人画報社「メンズクラブ」編集部を経て、60年ヴァンヂャケット入社、主に企画・宣伝部と役員兼務。石津事務所代表として、アパレルブランディングや、衣・食・住に伴う企画ディレクション業務を行う。VAN創業者、石津謙介氏の長男。

「石津祥介のおしゃれ放談」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE