powered by 大人のレストランガイド

長寿の国のジョージア料理 牛丼の松屋もほれた理由

ジョージアの伝統料理、シュクメルリ=PIXTA
ジョージアの伝統料理、シュクメルリ=PIXTA

この冬、丼と定食の「松屋」が期間限定で「シュクメルリ」なる耳慣れない料理を出して話題になった。ジョージアの料理だという。

米国ジョージア州ではない。ジョージアという国を、日本では長らくグルジアと呼んでいたが、同国からの要請を受けて2015年から日本での呼称をジョージアに変えた。場所は南コーカサス地方、言い換えると黒海とカスピ海の間、トルコの北東に位置する。遠い国ゆえどうもイメージがわかないかもしれないが、大相撲力士の黒海、臥牙丸、そして元大関・栃ノ心がジョージア出身である。

食関連でジョージアの話題というと、「ワイン発祥の地」とも言われる国だということだ。クヴェヴリという卵形の壷(つぼ)を使う古い醸造法のワインの産地として知られる(「土に埋めて醸造 世界最古、ジョージア『土器ワイン』」参照)。

しかし、シュクメルリというジョージア料理は、これまで日本でほとんど紹介されたことがない。それを牛丼チェーンの「松屋」が突然売り出して話題になった。昨年12月に一部の店舗で試験販売していたところ、TwitterなどのSNS(交流サイト)で評判となり、それに押されるような形で1月14日から全店販売となった。2月いっぱいで店舗ごとに順次終売となったが、さらにそれとほぼ同時にクックパッドでレシピ公開をしたことでまた話題をさらった。

「松屋」は今月また新しい期間限定商品としてイタリア料理の「カチャトーラ」を売り出したところなので、やや旧聞に属するが、おそらく今年はジョージア料理が初めて大々的に日本に紹介された年として記念されるように思われるので、おさらいしておきたい。

ジョージアはカスピ海と黒海の間、長寿で有名なコーカサス地方にある=PIXTA

まず、「松屋」が売り出したシュクメルリから。売り出したメニューは2種類。謎の料理シュクメルリにご飯とみそ汁が付く「シュクメルリライスセット」(730円)と、さらにサラダが付く「シュクメルリ鍋定食」(790円)で、ワンコインで食べられるメニューが多い「松屋」にしては高額商品である。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト