「食費」上手の1週間買い物テク 月1万円の節約も

日経ウーマン

食材の買い方を見直すと月1万円の節約も(写真はイメージ=PIXTA)
食材の買い方を見直すと月1万円の節約も(写真はイメージ=PIXTA)

家計全体で出費が増えるなか、食費を減らしたい人も多いのでは? とはいえ、安いスーパーをはしごするなど、頑張りすぎる節約は長く続かず、効果も薄い……。そこで提案したいのが、食材の買い方を見直す方法。仕事の忙しさ、自炊できる頻度、家族構成などで、1週間の食材の買い方は変わります。ムダ買いを防げば、食費が月1万円ダウンする人も。早速、買い物テクをチェック!

自分のライフスタイルに合わせてベストな買い方を

物価も上昇している今、家計がキツいとため息をつく前に、食費を見直すべきと話すのは、節約アドバイザーの丸山晴美さん。「ケチケチしなくても、食べずに捨ててしまう食材のムダをなくせば、月に数千円は簡単にダウン。食費節約は今すぐ取り組めて即効性も高いので、最も手っ取り早い増税対策といえます」。

食材を使い切るには、在庫管理をし、自炊を増やすなどの習慣化が大切。以下の7つのルールを参考に、現状のムダを見直してみよう。その上で、自分がムダなく使い切れる食材の購入パターンを定着させたい。

「例えば、残業や出張が多い人は、まとめ買いは不向き。作り置きや節約メニューを頑張る前に、自分のライフスタイルに合う買い方を取り入れて」。そこで編集部では、忙しさや調理スキル別に、ベストな買い物パターンを丸山さんと考案。早速、チェックして!

まずはここから! 食費を無理なく抑える基本ルール

●食費の予算を決めて、財布を分ける

食費をだらだら増やさないためには、予算を決めることが第一。「食費専用財布を作る、電子マネーに予算分だけチャージする、週予算を決めるなど、“あといくら使えるか”を、分かりやすく見える化しましょう」(丸山さん)。

FP丸山さんが指南
1人当たりの食費の目安はざっくり月2万円
(外食費込み・米代を除く)

●冷蔵庫を整理し、入っているものを見える化

冷蔵庫がごちゃごちゃだと、ダブり買いや消費期限切れのムダを生む温床に。「奥まで見渡せるよう整理し、キープして。扉に食材購入時のレシートを貼り、使った食材を消していくと、使い忘れ防止になります」。

●おうちごはん&お弁当の機会を増やす

「疲れたから」「面倒だから」と外食や総菜に頼っていたら、いくら食費を節約しても意味がない。ご飯は炊いておく、ランチ用におにぎりを持っていくなど、できる範囲で自炊を増やそう。

●1週間に1度は冷蔵庫をカラにする

安く買っても、使い切れなければムダ。食品ロスをなくすために、冷蔵庫は最低でも週に1度はカラにして。「汁物や炒め物など、どんな具材でもできるメニューを増やし、無理なく消費を」。

●レジャー感覚で大きなスーパーに行かない

休日に家族で買い物に行くと、予定にない酒や嗜好品を買ってしまいがち。「休日は“せっかく来たし”“車だし”と気も緩む。冷静な判断のために、買い物はひとりで、がベスト」。

●レシピは冷蔵庫にある「食材」で検索

レシピ通りに食材や調味料をそろえると、食材が余る原因に。「家にある食材からレシピを検索すれば、何かしらヒット。足りないものだけ購入すれば、出費も最小限に」。

●「半額」「2つで○○円」など特売品に飛びつかない

食材は、食べ切れる量だけ買うのが最もムダがない。「単価が安いセット売りや、閉店間際の特売品などは、消費期限内に食べ切れるかを冷静に考えてから購入しましょう」。

次のページ
食材を効率良く買って使い切る! まとめ買いor都度買