新型コロナで休校 ベビーシッター、割引利用しやすく

日経DUAL

新型コロナの影響でベビーシッターサービスにも変化が(写真はイメージ=PIXTA)
新型コロナの影響でベビーシッターサービスにも変化が(写真はイメージ=PIXTA)

共働き子育て中の家庭にとってベビーシッターサービスは心強い存在です。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府が小中高校、特別支援学校などの臨時休校を求めたことを受けて、ベビーシッターサービスにも変化が出ています。各社の現状と対応をまとめました。

内閣府ベビーシッター補助券 3月のみ1日あたりの上限無し

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校の臨時休校などを受けて、内閣府の実施している「企業主導型ベビーシッター利用者支援事業」補助券利用枠が引き上げられました。*3月2日時点の情報に基づいています。

補助券(対象児童1人につき2200円の割引)
【これまで】
1日あたり児童1人につき1枚まで。1家庭あたり月最大24枚の上限あり。

【3月】
1日あたりの利用枚数の上限無し。1家庭あたり月最大120枚まで利用可。

内閣府が実施する「ベビーシッター利用者支援事業」に参加している企業に勤務している人が対象。自分の勤務先が対象かどうかは勤務先に問い合わせるか、下記のURLからも確認することができます。

全国保育サービス協会 ベビーシッター派遣事業
http://www.acsa.jp/htm/babysitter/approvai_proprietor_list.htm

状況は刻々と変化 現在の状況は?

混乱する状況を受けて、ベビーシッターサービス会社は、臨機応変な対応を迫られています。日経DUALが実施したアンケートには、下記のような回答がありました。

「2月28日には、小学生の日中のケアの依頼が増加しましたが、今朝(3月2日)からはキャンセルが相次いでいます。『夫または自分自身が在宅勤務になり、保育園のお迎えに行けます』『塾や習い事がお休みになりました』などの理由により、キャンセルになっています。ただ学童保育に関しては、『学校の授業より密着度が高く、感染が心配』との声も多く寄せられています。今後、学童保育での感染拡大などがもしあれば、また状況が変化してくると思います」(マザーネット 3月2日回答)

「一斉休校に応じて、時短勤務になったり、ご夫婦でそれぞれ休みを取ることができるようになったり、勤務先でもさまざまな取り組みをされているようです。その中で、一般の病児保育のご用命が非常に増えていますが、今のところすべて対応できています。(一斉休校の措置を受けて)1日長時間、一定期間ご利用になる場合、個別のお見積もりを出させていただき、なるべくお安くご利用できるよう対応しています」(ハニークローバー 3月2日回答)

「休校の発表前に比べ、サイトのPVは現在、2倍くらいに増えています。お問い合わせは増えているものの、スタッフの手配が可能な日程とご希望日が合えば翌日でも手配が可能です」(ベアーズ 3月2日回答)

「現状たくさんのお問い合わせを頂戴していますが、新規の受け付け、既存のお客様含め十分に対応可能な状況を整えています。(子会社である)スマートシッターも、多くのシッターが登録しており、まだ十分に予約は可能ですので検索、依頼をいただければと思います」(ポピンズ 3月2日回答)

「保護者の自宅勤務が多く、新規のご依頼よりキャンセルの方が多いです」(ジャパンベビーシッターサービス 3月2日回答)

「休校を受けて現状では送迎等のキャンセル数の増加のほうが目立ちます。現状ではご予約については目立った増加はありません」(わらべうた 3月2日回答)

注目記事
次のページ
「初回3000円割引」「病児以外も受け付け」など