powered by 大人のレストランガイド

福島復興へ奮闘 「日本酒の神」と女性杜氏が二人三脚

喜多方市の蔵元で女性杜氏として活躍する星里英さん
喜多方市の蔵元で女性杜氏として活躍する星里英さん

2011年3月11日に起こった東日本大震災から9年が経った。東京電力の福島第1原発事故の影響で、福島県産品を避ける動きが全国に広がった。しかし、翌12年から日本酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、福島県は7年連続で金賞受賞酒の数が日本一を記録した。日本酒は地元の水とコメの結晶、フクシマブランドの安全性、品質の高さを訴える足がかりになった。8年連続金賞日本一へ、孤軍奮闘する地元の酒造関係者を訪ねた。

「あの震災がもう少し前に起こっていたら、私は地元に戻って家業を継いでいなかったかもしれない」。福島県喜多方市で日本酒の造り酒屋「喜多の華酒造場」を営む蔵元の星里英さんはこう話す。1919年に創業した老舗蔵元の4代目、父親のあとを継いで、酒造りの責任を担う杜氏(とうじ)になったが、女性杜氏は県内にも片手で数えるほどしかない。

しゃれたイメージのJR喜多方駅駅舎には、蔵のデザインが取り入れられている

喜多方はJR東京駅から東北新幹線などを乗り継いで3時間半ほどかかる福島県西北部にある。磐梯山を望むラーメンの街として知られるが、実は酒蔵が11カ所もあり、全国有数の蔵の街でもある。

喜多の華酒造場はJR喜多方駅から徒歩10分ほどの街中にあった。酒蔵は70年ほど前の古い建屋だが、天井が高く、大型タンクや機械が所狭しと並んでいる。室内に入ると、新酒の芳醇(ほうじゅん)な香りが漂う。酒の出来は水や気温などわずかな環境の違いで大きく変わる。星さんは調整する数値をスタッフに細かく指示しながら、酒蔵と店舗を往復していた。

杜氏になる気も酒の知識もなかった

3人姉妹の長女として育ったが、杜氏になる気などなかった。「友人たちが東京の大学に行くので」と地元を離れ、私立大学の文学部へ。教員免許は取ったが、東京の印刷会社に入社した。ただ、地元で日本酒のイベントなどがあると、「手伝え」と言われて度々戻った。

「顧客に問われても、何の日本酒の知識もなかった」。それで26歳のとき、2010年に東京農業大学の短大に社会人入学した。そこで18歳の同級生に感化された。「実家が酒蔵という子もたくさんいて、女の子でも杜氏なりたいという熱意がすごかった」。蔵元を継ぐことを決意し、醸造の勉強に取り組み始めた。その矢先に地元を震災が襲った。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
次のページ
老舗も「マニュアル」受け入れ金賞へ
メールマガジン登録
大人のレストランガイド