社員のがん、制度なくても支援できる 日立システムズがんになっても働き続けたい~日立システムズ(上)

日経Gooday

日立システムズが社内で行っている「がんと就労セミナー」の様子(写真提供=日立システムズ)
日立システムズが社内で行っている「がんと就労セミナー」の様子(写真提供=日立システムズ)
日経Gooday(グッデイ)

働く世代ががんにかかったとき、仕事をどうするかは大きな問題だ。治療のための入院日数は少なくなり、外来で通院しながら治療するケースが増えてきている。治療と仕事の両立がうまくできれば、患者は社会とのつながりを感じられ、働きがいや生きがいを得られる。そのためには、職場におけるがん患者への理解が欠かせない。

自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けられるヒントを探るシリーズ。今回はがん対策に積極的に取り組んでいる日立システムズを訪問。人事総務本部の今村隆さんと同社の保健師・川崎和子さんに、仕事と治療の両立支援について伺った。

従業員のがん経験が両立支援のきっかけに

――日立システムズは、民間プロジェクト「がんアライ部」が、がんとともに働く人を応援する企業をたたえる「がんアライアワード」ゴールド賞に、2018、19年の2年連続で受賞されています。がんと就労の問題に、意欲的に取り組むようになったきっかけをお聞かせください。

今村 2016年に当社の従業員が乳がんになったことがきっかけです。その頃、彼女は仕事が多忙な時期で、勤務を続けられるのか、今後どんな治療が始まるのかなどいろいろな不安を抱えていました。そこで、グループ会社に同じ病気を体験した人がいたので紹介したのです。がんに対する向き合い方や仕事の進め方をその方に相談し、不安な気持ちが和らいで、治療も仕事も安心して取り組めたそうです。

相談することで前向きになれた彼女は、「今度は自分の体験を話すことで、誰かの役に立てるのではないか。がんの早期発見・早期治療の大切さも伝えたい」と人事総務本部に申し入れをしました。私ども安全衛生管理をする部門やダイバーシティーを推進するメンバー、保健師らがその話に共感。がんになっても安心して働き続けられることを従業員に伝え、不安の解消や治療と仕事の両立支援につなげていくことにしたのです。

相談しやすい環境をつくり、治療と仕事の両立を支える

――具体的にはどのような活動を展開しているのですか。

今村 先のグループ会社のがん経験者らが講師となり、従業員を対象にした「がんと就労セミナー」を全国で開催しています。この活動を始める前にまず取り組んだのが、がんになった従業員のサポート体制を整えたこと。病気になった本人を、所属上司、産業医、保健師、人事・総務スタッフが一体となって支えることができる体制を図に表し(図1)、がんの治療状況に応じて会社にある既存の制度の何が使えるかを整理し、一覧表にまとめました(図2)。

当社にはがんになった人向けの制度はありません。しかし、フレックスタイム勤務[注1]や半日、時間単位の年次有給休暇、時差出勤などいろいろな制度があり、それを組み合わせることで仕事と治療の両立支援ができるのではないかと考えました。本人が上長と相談するときにこの表を見せながら話すと、自身の状況に合わせた具体的な相談がしやすくなります。

川崎 基本的に在宅勤務は育児や介護以外は認められないのですが、放射線治療など一定期間に特別な配慮が必要なときは、主治医の見解を診断書でいただき、それを産業医に確認してもらい、ご本人と上長との面談の上で、会社から認められることもあります。

がんになった当初は特に、今後の治療に伴う体の変化に不安を感じると思います。私のような社内の保健師は本社に7人いて、より安心した生活ができるように気軽に相談に応じています。

[注1]始業・終業の時刻を労働者が決められる制度で、通常は1日のうちに必ず就業するコアタイムを定める

次のページ
がんのセミナーを全国28カ所で開催