「目」の変遷たどればAIわかる 何でも歴史の題材に役に立つ歴史(前編)

ギャルの女子高生が慶応大に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルになった小林さやかさんが、様々な分野の専門家に率直な疑問をぶつけます。今回は歴史編。大学院生になったビリギャルが、あなたにかわって勉強してきます。

「ビリギャル」の本の冒頭には、私が歴史を知らなさすぎて恩師である坪田信貴先生がずっこける場面がでてくる。「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読み、しかも太った女の子だと思ってたんだから、そりゃたいていの人はびっくりする。「死んだサムライの話をいまさら知ってなにが面白いんだろう」ってそのころの私は心底疑問に思っていた。でも今回お会いした、国際日本文化研究センターの磯田道史准教授は、なんだかものすごく楽しそうに「歴史家」をしているの。歴史ってなんだろう? 歴史ってどうして大切なんだろう? 磯田先生にぶつけてみたよ。

――きょうはよろしくおねがいします!(あれ? 磯田先生あんまり笑顔じゃないな、どうしたのかな)

「すみません、普段はちゃんと笑顔なんですけど。きょうの対談場所の東京・大手町が苦手なんです。大学出て大きな会社に勤めている人ばかりがいそうな街って居心地悪くて」

――なにその理由!(笑)。でも先生だって有名な大学院を出てるし、私からしたら超エリートですよ!!

「僕は別に大学にいきたかったわけではなくて、図書館を使いたかったから大学に行っただけなんですよ」

――図書館? 先生は本を読むのが好きなんですか??

「そう。大学の図書館でとにかく本をかたっぱしから読もうと思って。ところがね、京都府立大学に入ったのだけど、大学の図書館の歴史の本は読み切っちゃった。それで、京都大学の図書館を訪ねたら、京大関係者じゃないと書庫に入れないって言われた。18歳で入学した学校の違いで読める本が制限されるなんて困ると思って、図書館が開架式で、自分が師事したいと思っていた速水融先生がいた慶応大に入り直したんです」

――え、図書館の歴史の本を全部読んだってどういうこと? 私一冊の本読むのにめっちゃ時間かかるんだけど、それを「読み切っちゃったから別のところ行きたい」って言ってる人がいるってことに今驚いてる。本を読むことと歴史を学ぶこと、なにか関係あるんですか?

「関係あるんです! 例えばね。慶応大に移った後、携帯電話に関する書籍を全部読みました。きっかけは、平成になったばかりのころなのに、慶応大の同級生が巨大な携帯電話を持っていたことでした。もうびっくりして、それで携帯電話が気になって、まず通信白書を読んだ。そうしたら、10年たたないうちに日本人の大半が携帯電話を持つようになるらしい。じゃあ、携帯電話を全員が持つとどんな世界になるのかが気になるから、アルビン・トフラーなどの未来学の本を山積みにして読んだ」

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録