――ネクタイの色使いもポイントでしょうか?

「はい。特にイエローは今季のトレンドカラー。ベーシックなセットアップだからこそ、トレンドカラーを取り入れてもミーハーな感じが出にくいんです」

――シューズのチョイスについても詳しく教えてください。

「シボ革のアッパーにラバーソール、というややカジュアルな印象のローファーを選びました。新鮮な素材感が今の時代にもマッチしていると思います」

――シボ革のローファーというと、ビジネスシーンにはカジュアルすぎるイメージもありますが。

「近年はビジネスマンの間でも履かれる方は多いですね。役職や職種にもよりますが、スニーカーでもいいという企業も増えてきているくらいなので、革の素材であれば問題ないと思います」

休日はトレンド感重視の「派手色」で

――今度は同じセットアップを使った休日スタイルです。着こなしのポイントを教えてください。

「オンのときよりも大胆に色を使ってもいいかなと思い、ビビッドなイエローのニットをインナーに選んでいます」

ジャケット 2万6000円(エディフィス)、パンツ 1万4000円(エディフィス)、ニット 1万6000円(エディフィス)、シューズ 1万6000円(エディフィス)

――イエローという色だけでなく、ビビッドな色使いもトレンドなのでしょうか?

「そうですね。トレンドは基本的にレディースからメンズへ流れるものですが、一昨年ごろから明るい色使いのレディースウエアが増えています。最近のお客様の反応を見ていると、メンズの方でも受け入れ態勢が整ってきたようです」

ニットにはシャリ感のある素材を採用。春夏ものには珍しく首元が詰まっているが、肌への接触面積が少ないため暑さを感じにくく、快適に着用できる

――インナーに鮮やかなアイテムを着ると、色を拾うべきかどうかなど、シューズのチョイスに迷います。

「EDIFICEオリジナルの日本製スニーカーです。ロゴも省いているのでミニマルな印象ですが、アッパーに表革とスエードをコンビで使うなど、実は個性的な一足です」
「もしトップスと色を合わせる場合は、このような配色の靴下でさりげなく拾うといいですよ」

「色を拾うのはスーツのやり方なので、そこは気にせず自由でいいと思います。とはいえ、『それだとどうすればいいか分からない』という方もいるはずなので、その場合はシンプルなローテクスニーカーかローファーを合わせてもらうのがEDIFICEのセオリーですね」

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
ミニマルなスタイルはチーフで色足し
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram