答えと解説

正解は、(1)朝食です。

魚油は脂質代謝を高め、体重や体脂肪の蓄積を抑えることが動物実験で報告されています。これは、体脂肪を燃焼させる細胞の働きが高まるためと考えられています。

【これまでにわかったDHA、EPAの主な機能】
脂肪合成を抑える
炎症を抑える
アレルギー症状を抑える
脳を若く保つ
血液をサラサラにする

夕食よりも朝食に魚油をとったほうが吸収がよく、ダイエット効果も高いといわれています。産業技術総合研究所の大石勝隆さんは、「朝食にとると、余剰エネルギーを脂肪に変える『脂肪酸合成酵素』が作られにくくなった。糖を筋肉に取り込ませて消費しやすくするインスリンの分泌を促したり、食欲を抑えるGLP-1というホルモンの分泌を高める作用も報告されている」と解説します。

健康な男女20人を2群に分け、一方には魚油(n-3系脂肪酸として1250mg)を含む朝食+オリーブオイルを含む夕食を、もう一方には朝夕を逆に、それぞれ8週間とってもらった。結果、朝食に魚油を含む食事をとった群では、n-3系脂肪酸の吸収が高く、血中の中性脂肪が低下し、脂質の合成に関わる遺伝子の発現が抑えられた。(データ:マルハニチロ、農研機構、大石さんら)

一方、炎症や皮膚アレルギーを抑える作用もあります。炎症を起こす成分をDHAやEPAが抑えるため。1日4gのEPAをとると紫外線による肌の赤みが抑えられたという報告もあります。

最近は「サバ缶」や「イワシ缶」などで手軽に青魚を食べられるようになりました。ぜひ朝食にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

[日経Gooday2020年2月25日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント