蜷川実花が持ち歩く「写ルンです」 不自由さが楽しい

写真家、映画監督として活躍する蜷川実花さん。このところ持ち歩いている「写ルンです」について語ってくれた
写真家、映画監督として活躍する蜷川実花さん。このところ持ち歩いている「写ルンです」について語ってくれた

写真家として第一線を走る一方で、映画監督としても活躍。監督したNetflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『FOLLOWES(フォロワーズ)』の世界配信でも話題の蜷川実花さん。「この1年くらい常に持ち歩いている」カメラは、レンズ付きフィルムの「写ルンです」だという。

写真家として向きあう「写ルンです」

「私はずっと一眼レフで撮っていて、90年代の女の子写真ブームの時も、コンパクトカメラを1回も使ってないんです。それが1年くらい前から、この『写ルンです』を常に持ち歩くようになりました。

1年前というと、『Diner ダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』と立て続けに映画を撮ったころ。映画って、私が妄想したことを、100人単位の人が集結して創り上げていく。そういう中にいると、真逆のことをやりたくなるんです。『写ルンです』で個人的なクリエーションをすることで、精神的なバランスを取っていたんだなあと、何カ月かたって気付きました。

『写ルンです』の魅力は、まったくコントロールが効かないところ。技術的なことが何も通用しないカメラなので、被写体との距離感や、私の気持ちだけが頼りの、不自由な機械なんですよ。言ってみれば、手足を縛られる拘束みたいなもの。私もデビューして24年ほどたつので、技術でねじ伏せたり、手癖で撮ることができてしまったり。でも、自分の得意技を全部封印した時に、何が撮れるのか。実験して、1年たったという感じです」

「『写ルンです』は、私にとって、自分と対面できるカメラ。最近、大きなプロジェクトをやっているからこそ、こういうものにすごくひかれるんだと思います」

週2本ほどのペースで撮っては現像しているという「写ルンです」。何気ない日常の風景や花、役者の素顔などが写っているが、どんなときにシャッターを押したくなるのだろう。

「どういう時に撮りたいか……という意識も持たないようにしている感じですね。今までは、友人や花が写っていたとしても、『撮るぞ!』と思って、シチュエーションをつくって撮っていたんです。だから日常のようで、フィクションとノンフィクションのはざまをずっと撮っていた。でも『写ルンです』に関しては、『撮りたい!』と思ったから撮るのではなく、『……なんか撮る』みたいなことに徹している(笑)。

息をするのと同じように、撮る。そうすると、休憩している役者や撮影の準備をしているスタッフなど、周りは面白いモチーフだらけなんです。彼らのすごく自然な、今まで見たことのない写真がいっぱい出来上がってきていて、これがけっこういいんですよ。

だから『写ルンです』を使って、日常の中にどれだけ『撮る』という行為を入れられるか、試している感じですね。まあ、遊びでも写真を撮っているわけなので、やっぱり写真が好きなんだな、と思うんですけど。

コマーシャルの仕事をするフォトグラファーと、作品を発表していく作家。私の中には写真家として2つの道が存在しています。これはたぶん後者の訓練。いつかは『写ルンです』の写真だけで展覧会をしたり、写真集にしたりしていくんじゃないかなと思います」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
現実と地続きのドラマ『FOLLOWERS』
MONO TRENDY連載記事一覧