いよっ松之丞改め神田伯山 襲名・昇進パーティーの巻立川談笑

2月9日に都内で開かれた神田伯山さん(中央)の襲名と真打ち昇進を祝うパーティー(撮影/金子山)
2月9日に都内で開かれた神田伯山さん(中央)の襲名と真打ち昇進を祝うパーティー(撮影/金子山)

そもそも、頃(ころ)は令和二年かのえねの年二月九日。ところは浅草はビューホテル。晴れやかに着飾ったる紳士淑女の二人、三人あるいは八人、十人、十五人。きらびやかなるその群衆の向かいし先をば見上げれば。なんと! 白地に大きく墨痕くろぐろと「松之丞改め神田伯山襲名真打昇進披露」としてあったりィ~い! パン、パン、パパンパン! ……と講釈風に始めてみました。わはは。

行ってきました、披露パーティーへ。さすがは今をときめく講談界の風雲児。しかも一世一代のお披露目ですから、豪華でしたよ。久しぶりにドン!と派手な真打ち昇進披露パーティ―を見た気がします。

会場入り口には、ずらーっとお花が並びます。お花の札にはそれぞれ、テレビ、ラジオ、新聞雑誌といったメディアや著名人たちの名前がこれでもかとひしめいちゃって。当然ながらその名札に対応する本人や関係者が、実際にその場に集うわけです。「あ、あの人がいる。えー、この人も来てるんだ」ってなもんで、500人以上入りそうな広い会場は人が詰まってるだけじゃなくてテンションも異様に高い。

おっとっと! ちょいと待った! ここから、パーティーがどう豪華だったかなんて実況はしません。今回は、この先いつかご招待を受けるかもしれないあなたのために、真打ち昇進披露パーティーを落語家目線で解説してみます。

私なんか「ドリンク持ち込み」

我々落語家は、このパーティーを普通は単に「ひろめ(披露目)」と呼びます。「ひろめのパーティー」とか。「あいつのひろめ、行くかい?」「ちょこっと顔出して、乾杯まで」みたいな。松之丞改め神田伯山先生は講釈師なので落語家ではありませんが、しきたりとしては共通でした。所属が落語芸術協会ということもあるのでしょう。

真打ち昇進のパーティーは、一般的な結婚披露宴に似ています。主催する新真打ちとしては心細いもので、「あのぉ、手伝いの経験ならありますが自分が主催するのは初めてなので、右も左も分かりません」という状態。婚礼の新郎さんと一緒です。そこで「あっ、いやいや。ご心配なく。私は5回目だから慣れたもんです」なんて。そんなのは、あまりいない。

会場まかせでいいんです。毎年のように昇進パーティーを開催している会場の宴会係さんの方は、事前の準備から当日の段取りまですべてを心得てます。「万事、おまかせください!」と。

それでも、そっくりそのまんますべてをお任せしちゃうと、あまりに会場側にとって都合のいい客になりすぎてしまいます。あれもこれもと経費がかさむ。ですから、そこはそこ。できれば裏方経験のある身近な人に助言をもらいながら、少しでも安くあげる工夫をします。私なんかは、会場に顔が利く人の助けを借りてずいぶん安くしてもらいました。とりわけ「ドリンク持ち込み」は大きかった。あれがなかったら大赤字だったことでしょう。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
落語界でも和装は少数派
エンタメ!連載記事一覧