「筋肉は裏切らない」でがんも克服 石井直方東大教授

筋トレブームの火付け役と言える、石井直方東大教授
筋トレブームの火付け役と言える、石井直方東大教授

筋肉研究の第一人者として知られる東京大学の石井直方教授。学生時代からボディービルダー、パワーリフティングの選手として活躍、日本ボディビル選手権大会で優勝もした。NHKの人気番組「みんなで筋肉体操」に出演する谷本道哉・近畿大学准教授は弟子の一人で、石井教授は筋トレブームの火付け役的な存在だ。深刻ながんも克服した“筋肉博士”に筋トレ効果などについて聞いた。

「筋肉は裏切らない。加齢とともに筋肉はどんどん落ちる。しかし、筋トレをすれば、努力の分だけ成果が出る。90代でも筋肉は増えるというデータもある。高齢者は体力が年々落ちるが、逆に向上するケースもある。筋トレはモチベーションアップにもつながる」と石井教授は強調する。現在64歳になる筋肉博士が、筋トレ効果に目覚めたのは都内の名門進学校、暁星高校1年生の夏だった。

筋トレはまる、ボディービル大会で優勝

夏期講習などで勉強も忙しかったが、夏休みに自主トレを敢行した。腕立て伏せや懸垂、プールで毎日のように泳ぎ、規則正しい生活を心がけると、一夏で体つきが見違えるほど変わった。筋肉を鍛えることに興味を持ち、東大に入学するや、当時は珍しかったボディビル&ウェイトリフティング部に入った。いきなり80キロのベンチプレスを上げ、先輩たちをどよめかせた。半年後には関東学生選手権の新人戦で優勝してしまう。

東大の理科2類から理学部生物学科に進学、競技者と研究者の両輪で筋肉研究に乗り出した。博士課程に進む一方で、日本ボディビル選手権大会に挑み、1981年に優勝。翌82年にはIFBBアジアボディビル選手権大会90キログラム以下級で優勝して話題になった。

英国のオックスフォード大学留学後、35歳から東大の駒場キャンパスで筋トレの仕組みや効果に関しての研究に本格的に取り組み、「筋肉博士」と呼ばれるようになった。実は1980年代ぐらいまでは筋トレはマニアックなトレーニング方法で健康増進にいいとは見なされなかった。むしろボディービルで筋肉を増やせば、動脈硬化が進み血圧上昇につながるとマイナスイメージだったが、「それは誤解でした。筋肉増強剤などドラッグを使用することが血圧上昇の原因ということが後に分かった」という。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事
次のページ
体温や脳の機能も維持 隠れた筋肉の効果