豪州熱波の悲劇 大量死するオオコウモリの親子たち

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/1/27

しかし、今シーズンはタイミングが悪かった。出産期の直後に猛暑に襲われたため、いつもより多くのコウモリが死んでしまったのだ。赤ちゃんはまだ母乳が必要で、母親は体力を使い果たし、親子ともども弱っていた。12月の第1週はとりわけ暑さが厳しく、その後も暑い日が続き、ついに3日間の大量死につながった。12月20日のヤラ・ベンドの最高気温は43.3℃だった。

「動物たちにとっては本当に脅威です。これが、彼らの分布域全体で起こっているんです」と、ブレンド氏は言う。ヤラ・ベンド公園はまだ森林火災の被害を受けていないが、オオコウモリの生息地の多くは、森林火災が猛威を振るっている東海岸沿いにある。

脱水状態のハイガシラオオコウモリに水分を与えるケイト・チェンバレイン氏(PHOTOGRAPH BY DOUG GIMESY)

2019年5月にオーストラリア全土で行われた調査では、ハイガシラオオコウモリの推定個体数は約58万9000匹とされた。今のところは健全な数字だが、彼らは数々の脅威にさらされている。何日も続く猛暑日だけでなく、金網や有刺鉄線などの人工建造物にからまったり、有害動物として駆除されることもある。

コウモリは一カ所に定住しないが、その分布域の多くは、森林火災の危険区域にある。冬には北へ移動するが、次の冬に行ってみたら、いつものねぐらである海岸沿いの森林は焼失しているかもしれない。「森林火災のために、コウモリにとって必要な食料源はほとんど破壊されてしまいました」と、ウェルベーゲン氏は言う。ブレンド氏も、「彼らが身を寄せる場所はなくなってしまいました。メルボルンはだめだがニューサウスウェールズ州北部へ行けば大丈夫ということはありません。どこもすべて危ないのです」と語る。

「これがあと何年か続けば、個体数は激減してしまうでしょう。今はまだ数が多いですし、あまり不安をあおるようなことは言いたくありませんが、もはや安心してはいられません。リョコウバトのような運命をたどってしまうのではと心配しています」。リョコウバトは、かつて北米に大量に生息していたが、乱獲のため19世紀に絶滅してしまった鳥だ。

森に欠かせないコウモリの役割

オオコウモリは、森林にとって欠かせない存在だ。「夜行性のハチのように、生態系に果たす役割は大きいです」と、ブレンド氏は続ける。夜間に植物の種を運び、木々の授粉や森の成長を助ける。「コウモリは森を必要とし、森もまたコウモリを必要としているのです」

オオコウモリの死骸を積んだ手押し車の前を通り過ぎるレンジャーのスティーブン・ブレンド氏(PHOTOGRAPH BY DOUG GIMESY)

今はまだ、オーストラリアでは夏の盛りだ。「逆さまでぶら下がっている友人たちのために戦いますよ」。親を失った5匹の赤ちゃんコウモリを自宅で世話しているローレンス・ポープ氏は言う。「でも、状況はよくありません」

「災厄の多い今年は、全ての動物が苦しんでいます。背筋が寒くなる思いです」と、ブレンド氏。「人間にとっても大変です。動物たちだって暑いはずです。悪夢のようです」

(文 Natasha Daly、写真 Doug Gimesy、訳 ルーバー荒井ハンナ、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック ニュース 2019年12月26日付]

ナショジオメルマガ
注目記事
ナショジオメルマガ