転職先でマウンティング 元大手の50代モンスター部下フェリタス社会保険労務士法人代表 石川弘子(8)

画像はイメージ =PIXTA
画像はイメージ =PIXTA

あり得ないようなトラブルを巻き起こす「モンスター部下」が最近増えているという。相談をよく受ける社会保険労務士の石川弘子氏は、その実態と対処法を近著「モンスター部下」(日経プレミアシリーズ)にまとめた。石川氏が相談を受けたモンスター部下の実態を同書から紹介する。

◇   ◇   ◇

W社 概要
企業のシステム開発を請け負うIT関連企業。従業員数は40名ほどだが、高い技術力を誇り、取引先はほぼ大手企業なので、経営は安定している。

登場人物
T中:W社の企画営業部のマネージャーで30代男性。専門学校を卒業後、W社に入社し、独学で技術を身につけた。真面目で努力家なので取引先からの信頼も厚い。
I田:W社の取引先である大手企業からW社に移ってきた50代男性。T中の下で企画営業を担当している。口先ばかりで実行が伴わない。大手出身のプライドだけは高い。
S藤:W社の取引先である大手企業の担当者で40代男性。I田の元同僚。T中の仕事ぶりを評価しており、何かと便宜を図ってくれている。
W井:W社の社長で50代男性。30代の頃に大手企業を退職してW社を立ち上げた。頭脳明晰で行動力がある。

元大手勤務・有名大学卒をアピールする50代社員

T中は、あるプロジェクトが終了し、客先である大手企業の担当者S藤から「プロジェクト終了の慰労会」ということで飲みに誘われた。S藤はT中を買っており、気持ちよく仕事ができるようにいつも配慮してくれている。大手企業の社員ではあるが、偉そうなところは少しもなく、5歳ほど年下のT中をかわいがってくれているのだ。居酒屋で2人でビールのジョッキを傾けて乾杯すると、S藤がT中をねぎらった。

「本当に今回もT中さんのおかげで、プロジェクトも滞りなく完了して、感謝してるよ」

「いや、そう言っていただけると、ありがたいです。こちらこそ、いつもS藤さんにはお世話になっています」

酔いが回ってきたS藤が「そういえば」と話し出した。

「W社さんにI田さんがいるんだってね。あの人とは前に同じ部署で仕事してたんだよ」

「そうなんですか?」

と、T中はちょっと表情を曇らせた。I田はS藤と同じ大手企業出身で、今はT中の部下だ。自分より20歳以上年上で大手企業出身の部下であるI田は何かと扱いにくく、T中は苦々しく思っていたのだ。特にT中が辟易させられていたのが、I田のマウンティングだ。

T中が専門学校卒と知ると、自分の出身大学である有名大学についての自慢や、出身企業である大手企業の自慢など何かと鼻につく話をしてくる。

「あの人、面倒くさいでしょ?」

S藤はニヤッと笑い、T中の反応を楽しむように顔を覗き込んだ。「いや、そんなこと……」T中が返答に困っていると、S藤が「ハハハ」と笑ってT中の背中をポンと叩いた。

「いいって、無理しなくて。あの人うちの会社にいた時、口先ばっかりで全然仕事しないから持て余してたんだよね。それにしても、なんでW社さんに入ることになったの?」

T中は、社長のW井がI田を引き抜いた経緯について以前聞いたことがある。W井がI田の出身企業である大手とより太いパイプを築きたいと思っていたところ、人材紹介会社から紹介されたのだと。I田の経歴は申し分なく、W井もW社としては破格の条件で迎え入れたのだ。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧