ふらり「世界猫旅」のすすめ 新たな風景・自分を発見旅行作家に転身した小林希さんの冒険

運河沿いを一緒に歩いてくれた白茶トラ猫(オランダ・ユトレヒト)
運河沿いを一緒に歩いてくれた白茶トラ猫(オランダ・ユトレヒト)

ヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア、中米、南米など世界37カ国の美しい街並みと、その景色に溶け込んでいる猫たちを、写真と文章でつづるフォトブックが多くの女性の心を癒やしている。著者の小林希さんはサイバーエージェントを辞め、世界一周一人旅を続けるうちに旅行作家に。その一方で猫旅で立ち寄った瀬戸内海の離島で古民家再生のゲストハウスプロジェクトを立ち上げることも。そんな小林さんに、猫との触れ合い旅の魅力について聞いた。

街の雰囲気によっても猫の顔つきが変わってくる

―――『世界の美しい街の美しいネコ 完全版』(エクスナレッジ)は、日本からのその街までかかる時間や宿情報のほか、猫の遭遇率やなつく度合い、おっとり度といった猫データも掲載されているのが面白いですね。いつから撮りためたものを一冊にまとめられたのでしょうか。

2012年から7年分の猫旅情報が詰まっています。同じ野良猫でも、その国の情勢や雰囲気、人間との距離感によっても、猫の顔つきや行動が異なる気がします。スペイン・アンダルシア地方の古都グラナダ、美しい海を眺められるイタリアの港町や、中米のキューバ、あとはモロッコ、チュニジアなどでは、穏やかで人懐っこい猫と出会うことが多かったです。人も穏やかで猫にも優しく接しているのだろうなということが想像できます。

街を一望する猫(スペイン・グラナダ)

一方、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ、セルビアなどの戦火に見舞われた街ではがれきの下などで暮らしているような猫たちがいて、やはり警戒心が強く野生っぽい、もしくは寂しい顔をしていました。人との距離感もあったりして、声に出せない街の声を猫たちから感じました。そうした視点で旅するのも興味深いと思います。

『世界の美しい街の美しいネコ 完全版』(エクスナレッジ)。表紙の写真は猫カフェの一コマ(リトアニア・ヴィリニュス)

猫旅は、特に一人旅が好きで猫好きの方にオススメです。自分一人の都合で動ける方が猫を見つけやすいし、猫と一緒に過ごせる時間も作れますから。猫探しを通じて、その街の方と話したりすることも猫旅の楽しみ。実際に、猫を探してガイドブックには載っていない路地裏に入っていくと猫を飼っているおばあさんに出会ったり、私がずっと猫を追っかけ回して写真を撮っていると「ヘイ、キャットガール!」と声をかけられたり(笑)。猫好きは世界中にいて、人がいるところに猫はいる。猫を通じてその国々の人々とコミュニケーションが取れる機会になります。

この本の表紙に使った写真も、そうした人と猫との関係性を見せたくて選んだ1枚になっています。

――特に思い出に残っている国と猫のエピソードについて教えてください。

ルクセンブルクの小さな町、クレヴォーでの猫との出会いは、特に思い出深いです。小さなお城の城下のシュロフ通りを、猫を探して歩いていると、民家から出てきた中年の女性に「どっから来たの?」と声をかけられました。猫が好きだというと、「うちの猫を見せてあげる」と。家の中に入れてもらい、思いがけずご夫婦ととてもかわいらしい飼い猫と、午後の昼下がりを過ごすことができました。猫探しが旅の目的だからこその出会いでした。

自宅に招いてくれたお父さんと猫(ルクセンブルク・クレヴォー)

猫で広がる地元の人とのコミュニケーション

――私たちが旅先で猫と出会うためには?

人に話しかけられることも多かったですが、それ以上に、私から話しかけることも多かったです。猫をなでている人を見つけては、「すごくかわいいですね、その子はあなたの猫?」「そうだよ」「いや違うよ」「あそこにもたくさん猫がいるよ」などと、地元の人とコミュニケーションをとりながら、いろんな猫と出会ってきました。「お隣さん家は猫が多いから、声をかけてあげようか」と言われ、お家にお邪魔したこともあります。

スペイン一美しいと評される街中でぐっすり眠る猫(スペイン・フリヒリアナ)

猫と会うためには、こうやって地元の人に「ここら辺に猫ちゃん、いますか?」と話しかけたり、事前に訪問する地名と猫で検索したり、猫がいる宿を検索したりすると情報が結構出てきます。

夏になれば気温50度にもなる古都では、道を曲がれば猫にあたる(チュニジア・ケロアン)

――本の最後のページには、日本の瀬戸内海に浮かぶ男木島で出会った猫たちが紹介されています。

日本には美しい島がたくさんあって、私自身、島旅も大好きなんです。世界の中で、猫がいる美しい町という観点から見ても、日本の島にいる猫はとても愛らしい。瀬戸内海で暮らす海辺の猫や神社仏閣で出会う猫も、海外とは違う和を感じさせてくれる独特の趣があります。国内旅行でも、特にこうした猫がまだいそうな島で、猫たちを探索するのも面白いかと思います。

きらめく瀬戸内海をバックに集う猫(日本・男木島)