powered by 大人のレストランガイド

空から畑を堪能 進化するフランスのワインツーリズム

ブルゴーニュ地方の名物料理「ウッフ・アン・ムーレット」。赤ワインソースにポーチドエッグを合わせたもの (c)Alain DOIRE, Bourgogne-Franche-Comte Tourisme
ブルゴーニュ地方の名物料理「ウッフ・アン・ムーレット」。赤ワインソースにポーチドエッグを合わせたもの (c)Alain DOIRE, Bourgogne-Franche-Comte Tourisme

フランスのワインツーリズムの人気が高まっている。

同国は年間8900万人と、世界で最も多く海外から観光客が訪れる国だ(2018年国連世界観光機関調べ)。その中で、ブルゴーニュ、ボルドー地方をはじめ、全土に広がるワイン産地に観光に訪れる外国人観光客は420万人(2016年フランス観光開発機構調べ)。2009年から16年までの7年間で40%も増えているという。

「統計はないのですが、20年前は産地を訪れるのはソムリエやレストランのオーナーなどワイン業界で働く人ばかりでした。世界的にワインの人気が高まる中、有名なフランスの産地を訪れたいという人が増えているのでしょう」とフランス観光開発機構在日代表のフレデリック・マゼンクさんは指摘する。

20年ほど前、ロマネ・コンティなどの超高級ワインは一体どんな場所で造られるのだろうと、ブルゴーニュを訪れたことがある。路線バスに乗り田舎道を「ワインの首都」と言われる街ボーヌに向かう中、バス停の名前がワインで有名な村の名前であったことに心が浮き立ったものだ。

ワインツーリズムと聞きそんな素朴な旅行の思い出が頭に浮かんだが、現代のワインツーリズムはそんなオーソドックスな観光にとどまらない。地域に訪れた客を楽しませるため、驚くようなプログラムがあるのだ。

ボルドーのシャトー・ヴェニュスは、小型飛行機による空中観光を提供する。写真で眼下に見えるシャトーは、最高峰のソーテルヌ(甘口ワイン)で知られるシャトー・ディケム

19年には新しい取り組みとして、フランス観光開発機構パリ本部が仏ワイン誌『テール・ド・ヴァン』と共催する、優れたワインツーリズムの取り組みを表彰する「ワインツーリズム大賞」を創設。記念すべき第1回大賞には約300社が応募、そのうち9社が金賞を受賞した。

授賞ワイナリーの一つ、ボルドーのシャトー・ヴェニュスは、小型飛行機で一帯に広がるブドウ畑や有名シャトー(ワイナリー)上空を観光するプログラムを提供。20~25分で1人69ユーロ(約8400円)のコースから、希望のルートを飛んでくれる1時間同129ユーロ(約1万5700円)のコースなど、時間・内容ともにバリエーションに富んだ7つのプログラムを用意する。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド