ラグビー日本代表 快挙支えたトレーニングの裏側ラグビー日本代表S&Cコーチに聞く(上)

日経Gooday

ラグビーワールドカップ2019 日本大会準々決勝の対南アフリカ戦を終えて。左端のガッツポーズの男性が太田さん(C)JRFU
ラグビーワールドカップ2019 日本大会準々決勝の対南アフリカ戦を終えて。左端のガッツポーズの男性が太田さん(C)JRFU
日経Gooday(グッデイ)

初の自国開催となったラグビーワールドカップ2019(W杯)が44日間の熱戦の末、幕を下ろした。各地で世界最高峰レベルの熱い戦いが繰り広げられ、日本代表は優勝候補のアイルランドを破り、1次リーグを全勝で突破。目標とする初の8強入りという大快挙を遂げ、日本国民を大いに沸かせた。それを支えた人の一人が、体力強化やリカバリー(回復)管理を務めたストレングス&コンディショニング(以下、S&C)コーチの太田千尋さんだ。太田さんへのインタビューの第1回では、日本が世界のベスト8に入るためにどのような体づくりをしてきたのかを聞いた。

S&Cコーチの役割とは

――2013年にはラグビー日本代表のアシスタントS&Cコーチとして体力強化を担当され、今年のラグビーワールドカップでは日本代表S&Cコーチとして、初の決勝トーナメント進出への立役者の一人となられました。まずは、S&Cコーチの役割について教えてください。

S&Cコーチの太田千尋さん

太田:主には、選手の「パフォーマンス向上」と「けがの予防」という2つの役割を担っています。ハードなトレーニングをすると体は当然疲れます。疲労を蓄積したままにすると、けがにつながったり、次のトレーニングに全力で取り組めなかったりする。我々は選手が試合本番はもちろん、日々のトレーニングでも最高のパフォーマンスが発揮できるように、トレーニングの指導と、睡眠や食事といったリカバリー(回復させるための)指導を行います。

2017年からはS&Cコーチとしてサイモン・ジョーンズ氏が主にトレーニングを担当し、私はコンディショニングを担当しました。ヘッドコーチが達成したいラグビーのパフォーマンスを発揮できる体づくりとコンディションづくりを目指す方法を考えるのが、ミッションです。

――ヘッドコーチが達成したい目標とは?

太田:例えば、2013年のヘッドコーチだったエディー・ジョーンズは、世界一のハードワークができるチームを作るという目標を掲げました。とはいえ、当時の日本は世界トップレベルのチームに勝ったことがなかったので、まずは個々を強くしなければいけない。

当時のS&Cコーチスタッフのジョン・プライヤー氏、村上貴弘さん、新田博昭さんらと 筋肉をつけ体重を増やすというところからスタート。一対一でコンタクトしても負けない体の強さ、そして素早く動ける機動力やスピード、そのスピードを繰り返すことができる持久力を鍛えることで、一つずつ積み上げてきました。簡単にいうと、大きくて力があって、機敏に動けるスーパーアスリートを育てることを課せられたイメージです。

相手にタックルされても負けない体の強さが不可欠。写真は準々決勝 日本代表vs南アフリカ代表でのワンシーン(C)JRFU

――筋肉をつけ体重を増やすにあたっての具体的な目標数値はあったのですか?

太田:2013年の時は、日本チームのフォワード(FW)の平均体重が、対戦相手の南アフリカより11kg軽かった。その差をゼロにするのは難しいですが、できる限り筋肉を増量して、強い体を作るのが最初の目標でした。

実際に2015年に南アフリカと戦う時には、7kg差までになりました。単に体重を増やしたのでなく、アスリートとして一段レベルが上がったといえる力とスピードがついた状態になりました。

――どうやって体を大きくしたのですか?

太田:筋肉を鍛えて体を大きくするために、ウエートトレーニングは1日2回実施し、食事は補食を含めて1日7~8回とります。食事をたくさんとるといっても、炭水化物をメインに摂取するのではなく、たんぱく質を意識して摂取するイメージです。そして睡眠もしっかりとる。夜の睡眠だけでなく、パワーナップという昼寝も計画的にとってもらいます。

ラグビーの特徴は、ウエートトレーニングに加え、激しい実践的なトレーニングも行うかなりのハードワークということ。体に大変なダメージが残るので、食事や睡眠といったリカバリーもハードかつ緻密に取り組んでいかないと、強くて速い動きができる理想的な体になりません。また、激しいトレーニングはけがのリスクも高いので、けがの発生率を抑える目的もあります。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント