日経ウーマン

2019/12/20

【CASE3】年始に費目別予算を決め、楽しむお金もしっかり確保

夫と保育園に通う3歳と4歳の子供と4人暮らしの佐々木優さん(仮名)。家計は、夫婦の給料を合算した上で佐々木さんが管理。買い物はTポイントがたまる「ヤフーカード」払いがメインだが、「今はコード決済が、クーポンがあったり、キャッシュバックの額が大きかったり、本当におトク。情報をチェックしながら利用しています」。そんなふうにお金の使い方を工夫して、夫婦それぞれの名義で1300万円、世帯で2600万円の貯蓄を達成している。

「無理をしているのでなく、本当に『トクすること』が好きなんです」と佐々木さん。一方で、年1度は必ず行くと決めている旅行を中心とした、家族で楽しむためのお金は、年始に予算を決めて貯蓄のなかから確保。今年は、なんと90万円! 「ただ、PayPayの大型キャンペーンで家電を買ってゲットした5万円分のキャッシュバックを、H. I. S.で旅行代の支払いに使ったので、すでに余りそう」(笑)

【愛用の財布】サザビーの長財布

3年前に懸賞で当てたサザビーの財布に、レギュラー使いするクレジットカードやポイントカードを。入れる現金の額は決めていない。財布のポケットには、子供が転んでケガをしたときのためにばんそうこうを入れている。母の愛!
<佐々木さんの財布の中身>
【クレジットカード】
生活費は基本的に「ヤフーカード」で払う
現金はほぼ使わず、キャッシュレスを実践中。「PayPayも『ヤフーカード』でチャージして、最大限のキャッシュバックを目指します」。
【キャッシュカード】
キャッシュレス生活なのでほぼ使わない
財布の中が1万円を切ったら、現金を補充。「現金はほぼ使いませんが、子供と行くラーメン店など飲食店には現金払いの店も」。
【ポイントカード】
利用頻度の高い店のカードはすべてIN!
ショップのポイントカードは常に財布の中に。「WAONやnanacoなど、使える店舗が多いものは常備しておきます」。
【QUOカード】
懸賞で当てたものを封筒に入れて常備
QUOカードは封筒にまとめて財布に。懸賞で当てたり、住宅展示場の見学でもらったり、QUOカードをもらえる情報は見逃さない。

佐々木さんのたまる「お金ワザ」

コード決済のキャンペーン情報をマメに確認

還元率の高いキャンペーンやクーポンが多いコード決済は、情報を確認し、積極的に利用。「お得情報を発信してくれるアメブロをフォローし、毎日チェックしています」

年間予算から割り出した「月の予算」を毎年守る

アプリ「家計簿 カケイ」を利用。「費目ごとに、1カ月の予算とそれに対する、その日までの累計支出が棒グラフで表示されるので、消費のペースを確認、修正できます」

(取材・文 氏家裕子、写真 小野さやか)

[日経ウーマン 2019年8月号の記事を再構成]

注目記事